カードローンの審査の流れ

カードローンの審査の流れ

カードローンの融資を受けるために金融機関に利用申し込みをする際、必ず審査を受けることになります。

 

多くの金融機関では申し込みの条件として、20歳以上で定期的な収入を得ていることを挙げていますが、この条件の他にどのようなことを審査されることになるのでしょうか。

 

審査に落ちてしまうと、どんなに急いでいたり必要なお金であったとしても融資を受けることはできません。

 

それではカードローンの審査内容について調べてみましょう。

 

カードローンの審査では、まず申し込みを行なった方の個人信用情報を確認されることになります。

 

住所などの個人情報や過去のカードローンの利用履歴、返済状況などを確認されることになります。

 

そのため、過去の利用履歴の中で返済遅滞があったり債務整理をした経験のある方の場合、審査に落ちてしまう可能性もあります。

 

特に債務整理の場合は、5年以上は審査に通ることが出来なくなります。

 

そうならないためにも、きちんと返済計画を立てたうえで借入をすることが大切になります。

 

個人信用情報の他には、申し込みをした方の属性について審査を受けます。

 

勤務先や勤続年数のほか、年収額や持ち家かどうかなどの細かいことが審査の対象となります。

 

カードローンでは融資限度額が各社で設定されていますが、この属性の審査結果によってそれぞれの申し込み者に対する融資額が決定されることになります。

 

最後に、申し込みの際に申請した勤務先への在籍確認が行なわれます。

 

在籍確認はカードローン会社の担当者から電話がかかってくる形で行われますが、この際にはカードローン会社の社名ではなく担当者の個人名で電話をしてくることが多いので、社内の方にカードローンに申し込んだ事実を知られることはありません。

 

カードローンの審査はこのような過程を経て行なわれます。

 

また、最近では実際の申し込み前に事前に診断ができる金融会社も多くなっております。

 

アコムの3秒診断はこちらからどうぞ

 

 

カードローンの審査の流れ関連ページ

返済シュミレーション
お金を借りる前に、しっかりと返済計画を立てなければいけませんが、具体的にどうやれば返済計画を立てられるのでしょうか?
ネットから借入の申し込み
最近では申し込みから返済まで、ネット上で出来てしまうものが商品が多くなっていまので非常に便利です。
返済計画をしっかり立てる
最近の金利はかつてにくらべるとだいぶ低くなりました。しかし、しっかりした返済計画を立てずに借入をすると後で返済に苦労することになります。
借り過ぎに注意しましょう
カードローンは基本的に無担保・保証人なしで借入を行うことが出来ます。しかし、お金を借りるということは必ず金利が発生しますので、借り過ぎには注意が必要です。
申し込みの流れ
初めて借入する方は、どのように申し込みをしたらいいかの流れがよくわからないと思います。ここでは、申し込みの流れを一通り解説して見たいと思います。
借入と金利について
お金を借りる際には、金利に関してはよく検討しなければなりません。
カードローンの定義
カードローンと一口にいってもいろいろな種類がありますし、キャッシングと呼ばれているものとどこが違うかなど、定義についての解説です。
計画的に返済するコツ
借り入れをあとに、工夫をすることによって金利の負担を少なくすることが出来ます。返済のコツについて書いてみます。
申し込み前に必須なお試し審査
借り入れの申し込みする前に、お試し審査をすることをお勧めします。数秒で自動的に結果の分かるものもあります。

管理人厳選カードローン


 
ホーム おまとめ一本化 銀行カードローン パート・アルバイト 総量規制対応 お急ぎの方 低金利で選ぶ