返済計画をしっかり立てる

返済計画をしっかり立てる

多くのカードローン会社が、自社のホームページやチラシなどに「無理のない返済計画を!」という言葉を掲載しています。

 

カードローンに限らず、お金を借りるシーンによく目にしたり耳にしたりするこの言葉ですが、そもそも「無理のない返済計画」とはいったいどのようなものなのでしょうか。

 

カードローンでお金を借りたあとは、必ず毎月々借りたお金を返済していくことになるのは当然のことですが、この毎月々の返済金額はほとんどの場合、借り入れ金額の一定割合ずつに定められています。

 

つまり、「これだけの額を借りたら、毎月最低でも○○円は返済しなければならない」という最小返済額が設定されています。

 

カードローンでお金を借りる際には「いくらまで借りられるか」ということを調べるのもいいですが、これだけ借りたら最低でも月にいくら返済しなければならないかという最低返済額を知っておかなければならないのです。

 

つまり、この毎月々の最低返済額を返せないような額を借り入れると返済に無理が生じ、延滞につながってしまう可能性があります。

 

こうしたことを考えますと、「無理のない返済計画」とは、あなたが無理をしないできちんと毎月返済ができる額以上の借り入れをしないということになります。

 

たとえば、A社への返済が難しいからといって新たにB社から借り入れをするようなことは、絶対にしてはいけないのです。

 

借金を借金で返済するのでは、いつまでたっても元金が減りませんし、下手をすると雪だるま式に債務が膨らんでしまいます。

 

返済が遅れたり滞ったりすることは信用情報をきずつけてしまい、いわゆるブラックリストに載ってしまうと新たな借り入れが難しくなったり融資限度額を増やしてもらえないというようなことにつながりかねません。

 

カードローンでお金を借りる際には、こうしたことを念頭にして「無理のない返済計画」を立てる必要があります。

返済計画をしっかり立てる関連ページ

審査の流れ
借入時の審査はどのように進められるのでしょうか?その流れについて簡単に説明いたします。
返済シュミレーション
お金を借りる前に、しっかりと返済計画を立てなければいけませんが、具体的にどうやれば返済計画を立てられるのでしょうか?
ネットから借入の申し込み
最近では申し込みから返済まで、ネット上で出来てしまうものが商品が多くなっていまので非常に便利です。
借り過ぎに注意しましょう
カードローンは基本的に無担保・保証人なしで借入を行うことが出来ます。しかし、お金を借りるということは必ず金利が発生しますので、借り過ぎには注意が必要です。
申し込みの流れ
初めて借入する方は、どのように申し込みをしたらいいかの流れがよくわからないと思います。ここでは、申し込みの流れを一通り解説して見たいと思います。
借入と金利について
お金を借りる際には、金利に関してはよく検討しなければなりません。
カードローンの定義
カードローンと一口にいってもいろいろな種類がありますし、キャッシングと呼ばれているものとどこが違うかなど、定義についての解説です。
計画的に返済するコツ
借り入れをあとに、工夫をすることによって金利の負担を少なくすることが出来ます。返済のコツについて書いてみます。
申し込み前に必須なお試し審査
借り入れの申し込みする前に、お試し審査をすることをお勧めします。数秒で自動的に結果の分かるものもあります。

管理人厳選カードローン


 
ホーム おまとめ一本化 銀行カードローン パート・アルバイト 総量規制対応 お急ぎの方 低金利で選ぶ