カードローンの借り過ぎに注意

カードローンの借り過ぎに注意

カードローン会社でお金を借りようと思ったら、利用申し込みの手続きを行なって審査を受ける必要があるのは、みなさんご存知の通りです。

 

よく貸し付け条件のところに「最大融資額500万円」というような記載がありますが、最大融資額目いっぱいまでだれもが借りられるわけではありません。

 

実は、個人に対する融資限度額はこの審査の中で申し込み者の個人信用情報や属性に基づいて決められるものなのです。

 

また、最近は総量規制の影響もあり、銀行系のカードローン以外の商品は年収の3分の1までしか借入が出来なくなりました。

 

年収300万円の人ならば、マックスで100万円ということになります。

 

審査を通ったあと、正式に「○○万円まで借りることができます」という個人に対する融資限度額の通知があるわけですが、たとえば100万円借りることができるという与信枠をもらったとしても、当然満額まで借り入れる必要はありません。

 

それでも、思っていたよりも大きな与信枠をもらってしまうと、ついつい必要以上の金額を借りてしまう方がいらっしゃるようです。

 

しかし、当然ながら余分に借りたお金にも金利はかかってしまうものです。

 

借り入れ総額が大きければ大きいほど、返済総額が膨らんでしまうことになります。

 

そのため与信枠がいくら大きくても、必要な金額のみを借りるようにしなければなりません。

 

与信枠いっぱいにお金を借りて返済に困り、延滞してしまったり債務整理に陥ってしまったら、信用情報に傷をつけてしまうことになりかねません。

 

もしこんなことになったら、それ以降は一定期間カードローンへの申し込みができなくなってしまうおそれもあります。

 

こうしたことにならないために、お金を借りる際には与信枠に関わらず必要最低限のお金を借り、しっかりと滞りなく返済することが一番大切です。

 

カードローンを利用する際には、くれぐれも借り過ぎには気をつけるようにしたいものです。

カードローンの借り過ぎに注意関連ページ

審査の流れ
借入時の審査はどのように進められるのでしょうか?その流れについて簡単に説明いたします。
返済シュミレーション
お金を借りる前に、しっかりと返済計画を立てなければいけませんが、具体的にどうやれば返済計画を立てられるのでしょうか?
ネットから借入の申し込み
最近では申し込みから返済まで、ネット上で出来てしまうものが商品が多くなっていまので非常に便利です。
返済計画をしっかり立てる
最近の金利はかつてにくらべるとだいぶ低くなりました。しかし、しっかりした返済計画を立てずに借入をすると後で返済に苦労することになります。
申し込みの流れ
初めて借入する方は、どのように申し込みをしたらいいかの流れがよくわからないと思います。ここでは、申し込みの流れを一通り解説して見たいと思います。
借入と金利について
お金を借りる際には、金利に関してはよく検討しなければなりません。
カードローンの定義
カードローンと一口にいってもいろいろな種類がありますし、キャッシングと呼ばれているものとどこが違うかなど、定義についての解説です。
計画的に返済するコツ
借り入れをあとに、工夫をすることによって金利の負担を少なくすることが出来ます。返済のコツについて書いてみます。
申し込み前に必須なお試し審査
借り入れの申し込みする前に、お試し審査をすることをお勧めします。数秒で自動的に結果の分かるものもあります。

管理人厳選カードローン


 
ホーム おまとめ一本化 銀行カードローン パート・アルバイト 総量規制対応 お急ぎの方 低金利で選ぶ