カードローンの金利について

カードローンの金利について

カードローンに申し込む際に注意しなければならない大切なポイントのひとつは金利です。

 

金利が年に何パーセントで、いくら借りたらいくら返さなければならないのかを事前にしっかりと把握しておかなければ、きちんとした返済計画を立てることはできません。

 

そこで、カードローンの金利の計算方法を知っておきましょう。

 

カードローンの金利は、基本的に日割り計算となっています。

 

金利の計算式は、「金利=借入金額×金利(年率)÷年間日数(365日)×借り入れ日数」となり、ここに借りているカードローンの設定条件を入れて計算すれば、金利の額を求めることができます。

 

カードローンを申し込む前であれば、商品概要説明などに記載されている年率と借り入れたいと思っている金額を入れて計算すれば、どの程度利息を支払わなければならないのかがよくわかります。

 

たとえば、10万円を金利15.0%で30日間借り入れしたときの金利は、100,000×15.0%÷365×30=1232.876・・・となり、およそ1232円となります。

 

カードローンは何となく金利が高そうというイメージを持たれがちのようですが、こうして実際に計算してみればそれほど返済額が高額という訳ではない、ということに気がつくと思います。

 

消費者金融系のカードローンでも、グレーゾーンが撤廃された現在では年利20%を越えることはありません。

 

短期間で返済する予定であれば、消費者金融系でも金利自体はそれほど負担にはなりません。

 

とはいえ、借りた額以上のお金を返済することは事実なのですから、カードローンを利用する際には常に金利のことを念頭に置いておかなければなりません。

 

金利や融資額などの借り入れ条件をしっかりと確認し、計算式で金利の額を弾き出して、常に気にかけるようにしておきましょう。

カードローンの金利について関連ページ

審査の流れ
借入時の審査はどのように進められるのでしょうか?その流れについて簡単に説明いたします。
返済シュミレーション
お金を借りる前に、しっかりと返済計画を立てなければいけませんが、具体的にどうやれば返済計画を立てられるのでしょうか?
ネットから借入の申し込み
最近では申し込みから返済まで、ネット上で出来てしまうものが商品が多くなっていまので非常に便利です。
返済計画をしっかり立てる
最近の金利はかつてにくらべるとだいぶ低くなりました。しかし、しっかりした返済計画を立てずに借入をすると後で返済に苦労することになります。
借り過ぎに注意しましょう
カードローンは基本的に無担保・保証人なしで借入を行うことが出来ます。しかし、お金を借りるということは必ず金利が発生しますので、借り過ぎには注意が必要です。
申し込みの流れ
初めて借入する方は、どのように申し込みをしたらいいかの流れがよくわからないと思います。ここでは、申し込みの流れを一通り解説して見たいと思います。
カードローンの定義
カードローンと一口にいってもいろいろな種類がありますし、キャッシングと呼ばれているものとどこが違うかなど、定義についての解説です。
計画的に返済するコツ
借り入れをあとに、工夫をすることによって金利の負担を少なくすることが出来ます。返済のコツについて書いてみます。
申し込み前に必須なお試し審査
借り入れの申し込みする前に、お試し審査をすることをお勧めします。数秒で自動的に結果の分かるものもあります。

管理人厳選カードローン


 
ホーム おまとめ一本化 銀行カードローン パート・アルバイト 総量規制対応 お急ぎの方 低金利で選ぶ