借入時の申請事項記入のコツ

借入時の申請事項記入のコツ

カードローンに申し込む際には、申し込み用紙やネット上の申し込みフォームにさまざま事項を記入・入力しなければなりません。

 

この記入・入力した事項は、そのすべてが審査のうえでとても重要な情報になるのですが、書き方次第やその内容によっては審査において有利・不利になることがいくつかあります。

 

こうしたことを踏まえて、必要事項記入のコツについて確認してみましょう。

 

まずひとつ、最初に言えることは決してウソを書かないということです。

 

家族構成や職種・勤続年数など、申し込み者個人の家族に関することや年収などのお金に関わることをいくつか聞かれることになります。

 

ここで自分自身を良く見せようとついウソを書いてしまいがちですが、これはすぐにバレてしまいます。

 

そうなると心証がとても悪くなり、審査に通らないということにつながりかねません。

 

絶対にウソは書かないように気をつけてください。

 

次に、個々の項目についてポイントを挙げていきましょう。

 

家族構成については、未婚と既婚では既婚者の方が生活費などの必要費用が高くつくと判断されることから、審査がやや厳しめになると言われています。

 

また年齢の高い方に関しても、若い方よりも厳しくなる傾向があるようです。

 

さらに、居住年数や勤続年数についても長く継続している方のほうが頻繁に住まいや職を変えている方よりも有利です。

 

どちらも、最低1年程度の年数がないと審査では不利になると言われています。

 

貸す側にすれば、貸した人間と音信不通になってしまうことが一番困りますので、長く勤めていたり長く住んでいたりという人が信用されるのでしょう。

 

電話番号の記入がも必要となりますが、、携帯電話のみの記入をした場合は、契約・解約が容易にできると判断されるため、固定電話よりも不利であるといわれています。

 

可能であれば、携帯電話だけでなく固定電話の番号も書き込むようにしましょう。

 

もっとも、最近ではあえて固定電話も持たない人も増えているために、携帯電話のみだからと言って圧倒的に審査が不利になるということはないようです。

借入時の申請事項記入のコツ関連ページ

初めての商品選びのコツ
初めてお金を借りる方が失敗しないためのコツについて解説させていただきます。
上手にカードを利用しましょう
間違った使い方をして返済で苦労することにならないように、ここでは、カードローンの上手な使い方についてアドバイスいたします。
金融機関への申し込み時の注意事項
はじめて借り入れをする方は、どのように申し込みをしたらいいか不安になると思います。ここでは、申込み時の注意事項について解説します。
返済を遅延してしまった時の対応
万が一返済を遅延してしまった場合、どのようにしたらいいのでしょうか?
個人信用情報機関ってどんなところ?
申し込み時にあなたが申告した個人情報や借入の記録は個人信用情報機関に登録され、各金融会社がこの情報を共有することになります。
2枚目の商品選び
カードローンをすでに利用している人は、2枚目の金融会社をどう選ぶべきか悩むことがあると思います。ここでは2枚目選び方について解説します。
限度額を増額する方法
はじめてお金を借りる際には、限度額が思ったより低いことが多いです。しかし、その後の返済実績により限度額を増額することは可能です。
銀行系と消費者金融系の違い
カードローンと一口にいっても、いろいろな商品がありますが、大きく分けると銀行系と消費者金融系に分けられます。
借入前に知っておくべきこと
借りる前に知っておいてもらいたい大切なことがいくつかあります。利用法を間違うと月々に返済に苦労することになります。

管理人厳選カードローン


 
ホーム おまとめ一本化 銀行カードローン パート・アルバイト 総量規制対応 お急ぎの方 低金利で選ぶ