カードローンの上手な使い方

カードローンの上手な使い方

カードローンは、一度お金を借りてしまうとどんどん利息が増えて返済が大変なもの・・・というイメージがあるのではないでしょうか。

 

でもカードローンは使い方次第ではとてもお得で便利なものです。

 

カードローンを上手に使いこなすコツさえ掴んでおけば、安心して利用することができるものです。

 

カードローンを上手に使いこなすコツとは「必要なときに必要な金額だけを借りて、なるべく早く返す」というものです。

 

当たり前のようですが、なかなかこれが出来ない人がいるものです。

 

「必要以上に借りてしまって、返済が遅れてしまう」という逆のパターンが一番まずい利用の仕方です。

 

カードローンの利息は日割り計算となります。

 

借り入れている日数に対してのみかかるため、短期間で返済してしまえば意外と利息は少なく済むものです。

 

たとえば、給料日前で手持ちのお金が少ない時に金利18%で5万円を借り、5日後に給料が入った時点ですぐに返済してしまえば利息はたったの200円ほどです。

 

短期間で返済してしまえば、支払い金利は本当に少なく済ませることができるので、安心して利用することができるのです。

 

またカードローン商品の中には、借り入れ後の一定期間は利息がかからないというものもあります。

 

こういうものを上手に活用すれば、利息を支払うことなくカードローンを利用することができます。

 

金銭的に損をすることなくお金を借りられるので、給料日前やボーナス前など無利息期間中に返済できる予定があるのであれば、これほど便利でお得なものはありません。

 

使い方のコツさえつかんでおけば、とても便利でお得なのがカードローンです。

 

当然、借りっぱなしにしておくと利息が嵩んでしまうので注意は必要です。

 

借り入れする金融機関の金利をしっかりとチェックして、利息がどのくらいになるのかを計算したうえで申し込むようにしましょう。

 

最近では、金融機関のホームページなどで、返済シュミレーションが簡単に出来ることが多いので、試しにやってみるといいでしょう。

カードローンの上手な使い方関連ページ

初めての商品選びのコツ
初めてお金を借りる方が失敗しないためのコツについて解説させていただきます。
借入時の申請事項記入のコツ
申し込む際に記入する申請事項ですが、ここをいい加減に書いたりおろそかにしたりすると審査に大きく影響する可能性があります。
金融機関への申し込み時の注意事項
はじめて借り入れをする方は、どのように申し込みをしたらいいか不安になると思います。ここでは、申込み時の注意事項について解説します。
返済を遅延してしまった時の対応
万が一返済を遅延してしまった場合、どのようにしたらいいのでしょうか?
個人信用情報機関ってどんなところ?
申し込み時にあなたが申告した個人情報や借入の記録は個人信用情報機関に登録され、各金融会社がこの情報を共有することになります。
2枚目の商品選び
カードローンをすでに利用している人は、2枚目の金融会社をどう選ぶべきか悩むことがあると思います。ここでは2枚目選び方について解説します。
限度額を増額する方法
はじめてお金を借りる際には、限度額が思ったより低いことが多いです。しかし、その後の返済実績により限度額を増額することは可能です。
銀行系と消費者金融系の違い
カードローンと一口にいっても、いろいろな商品がありますが、大きく分けると銀行系と消費者金融系に分けられます。
借入前に知っておくべきこと
借りる前に知っておいてもらいたい大切なことがいくつかあります。利用法を間違うと月々に返済に苦労することになります。

管理人厳選カードローン


 
ホーム おまとめ一本化 銀行カードローン パート・アルバイト 総量規制対応 お急ぎの方 低金利で選ぶ