カードローン申し込み時の注意事項

カードローン申し込み時の注意事項

カードローンの申し込みを行なう際には、住所や名前、勤務先や勤続年数などの個人情報を申告し、審査を受けなければなりません。

 

この審査に通った方のみが融資を受けることができるのですが、無事に審査に通るためには申し込み時に気をつけたい注意点がいくつかあります。

 

たとえば申告する個人情報の内容に関しての注意点です。

 

カードローン会社は申告された内容に基づいて審査を行ない、きちんと返済ができると認定した方のみに融資を行なうことになるのですが、この審査に何とか通ろうとして申し込みの際にさまざまな小細工を行なう方がいるようです。

 

勤続年数や年収を水増ししたり、勤務先を勝手に大企業に変えるなどです。

 

特に、勤務先を誤魔化すのはすぐにバレます。

 

なぜなら、必ず会社に在籍確認の電話が入るからです。

 

もちろん、電話をかけてくる際は金融会社名を名乗らずに個人名でかけてきますので、その点は安心なのですが、その会社に在籍していなければその時点ですぐにウソが分かってしまうわけです。

 

また、他の金融機関からの借り入れ件数や借入総額を少なく申告したりといった、実際とは異なる虚偽の申告をする方が結構いるのだそうです。

 

しかしながら、こうした嘘の報告をしても、信用情報機関を通せば他社の借り入れ件数や借入総額はすぐに分かってしまいますし、ウソの申告をしたということで、ますます不利な状況になってしまいます。

 

また、額の大きな融資を受けたいと希望される方には、源泉徴収票などの提出を義務付けているところが多いので、年収についても誤魔化すことは不可能です。

 

こうして申告時に虚偽の報告をしてしまうと、カードローン会社の心証を悪くしてしまい、審査に通ることは難しくなってしまうだけではなく、個人信用情報機関にもさらに悪い履歴が残ってしまうことになります。

 

考えてみれば当たり前のことですが、誰だって嘘をつく人にお金は貸しませんよね。

 

また、1社だけでは審査に通らないかもしれないからといって、一度に複数のカードローン会社に申し込むのもNGです。

 

カードローン会社は信用情報を共有しているので、一斉に複数の申し込み手続きを行なっていることはそれぞれの会社に筒抜けです。

 

そのような方は不審な顧客として審査を通してもらえない可能性が大となります。

 

申し込み時にはウソをつくこと、そして複数の会社に一度に申し込み手続きをすることは絶対にしないように注意してください。

カードローン申し込み時の注意事項関連ページ

初めての商品選びのコツ
初めてお金を借りる方が失敗しないためのコツについて解説させていただきます。
借入時の申請事項記入のコツ
申し込む際に記入する申請事項ですが、ここをいい加減に書いたりおろそかにしたりすると審査に大きく影響する可能性があります。
上手にカードを利用しましょう
間違った使い方をして返済で苦労することにならないように、ここでは、カードローンの上手な使い方についてアドバイスいたします。
返済を遅延してしまった時の対応
万が一返済を遅延してしまった場合、どのようにしたらいいのでしょうか?
個人信用情報機関ってどんなところ?
申し込み時にあなたが申告した個人情報や借入の記録は個人信用情報機関に登録され、各金融会社がこの情報を共有することになります。
2枚目の商品選び
カードローンをすでに利用している人は、2枚目の金融会社をどう選ぶべきか悩むことがあると思います。ここでは2枚目選び方について解説します。
限度額を増額する方法
はじめてお金を借りる際には、限度額が思ったより低いことが多いです。しかし、その後の返済実績により限度額を増額することは可能です。
銀行系と消費者金融系の違い
カードローンと一口にいっても、いろいろな商品がありますが、大きく分けると銀行系と消費者金融系に分けられます。
借入前に知っておくべきこと
借りる前に知っておいてもらいたい大切なことがいくつかあります。利用法を間違うと月々に返済に苦労することになります。

管理人厳選カードローン


 
ホーム おまとめ一本化 銀行カードローン パート・アルバイト 総量規制対応 お急ぎの方 低金利で選ぶ