カードローンの返済を延滞してしまったら・・・

カードローンの返済を延滞してしまったら・・・

カードローンの返済は、毎月一定の金額を銀行からの振り込みやATMを利用して支払う仕組みになっています。

 

カードローンの利用で最も避けたいことは、この返済が滞ってしまうことです。

 

つまり延滞をしてしまうということです。

 

毎月指定された日に銀行口座からの引き落としや振り込み、ATMからの入金などさまざまな形で行なうことになっている返済が、指定された日までに間に合わない場合はすべて延滞したとみなされることになり、この延滞情報は少なくとも数年間は借り入れ先の金融機関に記録として残されることになります。
このように一度でも延滞してしまうと、延滞情報が残るだけではなく金融機関からの信用が著しく落ちることになります。

 

信用が落ちると、その後融資限度額を大きくしてもらうことは難しくなりますし、何度も延滞を繰り返すと他の金融機関においても「延滞したことがある利用者」としてチェックが入ることになります。

 

そのため、カードローン利用中の延滞はなんとか避けたいのですが、どうしてもお金が用意できなくて延滞してしまったら、いつまでも放っておくことだけは絶対にしないでください。

 

できるだけ早く、カードローン会社に電話して支払いが間に合わなかった旨を連絡するようにしてください。

 

間に合わないと思ったら返済日前に連絡しておくのが正解です。

 

連絡することによって延滞情報が消えるわけではありませんが、真摯に返済しようとしているという態度を示すことによって印象が良くなります。

 

延滞中は、基本的にそのカードローンから新たな融資を受けることはできません。

 

お金を返さない人に新たにお金を貸す人はいませんので、これは当たり前のことです。

 

しかし、数日間程度の延滞であればカードの利用が完全に停止されてしまうようなことはありません。

 

返済をし終えたら、また改めて利用できるようになる場合がほとんどなので大丈夫です。

 

返済を遅延してしまっても、誠意をもってしっかりとした対応を取っていれば、いきなりブラックリストに載ってしまうなどということもありませんので、安心してください。

 

しかし延滞は良いことでは決してありませんので、極力そういうことにならないように気を付けて下さい。

カードローンの返済を延滞してしまったら・・・関連ページ

初めての商品選びのコツ
初めてお金を借りる方が失敗しないためのコツについて解説させていただきます。
借入時の申請事項記入のコツ
申し込む際に記入する申請事項ですが、ここをいい加減に書いたりおろそかにしたりすると審査に大きく影響する可能性があります。
上手にカードを利用しましょう
間違った使い方をして返済で苦労することにならないように、ここでは、カードローンの上手な使い方についてアドバイスいたします。
金融機関への申し込み時の注意事項
はじめて借り入れをする方は、どのように申し込みをしたらいいか不安になると思います。ここでは、申込み時の注意事項について解説します。
個人信用情報機関ってどんなところ?
申し込み時にあなたが申告した個人情報や借入の記録は個人信用情報機関に登録され、各金融会社がこの情報を共有することになります。
2枚目の商品選び
カードローンをすでに利用している人は、2枚目の金融会社をどう選ぶべきか悩むことがあると思います。ここでは2枚目選び方について解説します。
限度額を増額する方法
はじめてお金を借りる際には、限度額が思ったより低いことが多いです。しかし、その後の返済実績により限度額を増額することは可能です。
銀行系と消費者金融系の違い
カードローンと一口にいっても、いろいろな商品がありますが、大きく分けると銀行系と消費者金融系に分けられます。
借入前に知っておくべきこと
借りる前に知っておいてもらいたい大切なことがいくつかあります。利用法を間違うと月々に返済に苦労することになります。

管理人厳選カードローン


 
ホーム おまとめ一本化 銀行カードローン パート・アルバイト 総量規制対応 お急ぎの方 低金利で選ぶ