個人信用情報機関ってどんなところ?

個人信用情報機関ってどんなところ?

カードローンに申し込む際に、あなたがカードローン会社に申告した勤務先や年収、名前や住所といった個人情報は、個人信用情報機関に登録され、各金融機関が確認できるようになっています。

 

ではこの個人信用情報機関とは、いったいどのようなところなのでしょうか。

 

個人信用情報機関とは、あなたがこれまでに「どんなローン商品を利用していて、何回でいつ完済しているか」といったことや「延滞や代位弁済などの金融事故が発生していないか」というような過去や現在のクレジットカードやカードローンの利用状況などに関する個人情報を登録している機関で、日本にはこの個人情報登録機関が3つあります。

 

1つは全国の銀行、信金信組などが加盟・使用している全国銀行個人信用情報センター(KSC)。

 

残りの2つはクレジット会社が加盟・使用している潟Vー・アイ・シー(CIC)と、消費者金融が加盟・使用している鞄本信用情報機構(JICC)で、それぞれの個人情報登録期間は、CRIN(クリン)というシステムを利用して所有している情報を相互利用できるようになっています。

 

共有しているということは、すべての情報は筒抜けになっているということです。

 

なので、「信用情報機関が異なるので銀行でトラブルを起こしても消費者金融なら借入ができる」などという都市伝説は信じないで下さい。

 

この情報機関に登録されている個人情報の内容は、氏名・生年月日・住所・電話番号・勤務先・契約日・契約の種類・限度額・返済回数・返済状況・残高・事故情報などです。

 

気になる事故情報に関しては、延滞はKSC(銀行系)とCIC(クレジット系)が5年、JICCは1年それぞれ延滞情報を保存しています。

 

自己破産に関しては、KSCとJICCが10年、CICが7年保存することになっています。

 

こうした情報機関は、本人からの情報開示希望があれば所定の手続きを経て開示が可能になっています。

 

過去の利用歴などで登録されている内容が気になる方は、一度請求してみてはいかがでしょうか。

個人信用情報機関ってどんなところ?関連ページ

初めての商品選びのコツ
初めてお金を借りる方が失敗しないためのコツについて解説させていただきます。
借入時の申請事項記入のコツ
申し込む際に記入する申請事項ですが、ここをいい加減に書いたりおろそかにしたりすると審査に大きく影響する可能性があります。
上手にカードを利用しましょう
間違った使い方をして返済で苦労することにならないように、ここでは、カードローンの上手な使い方についてアドバイスいたします。
金融機関への申し込み時の注意事項
はじめて借り入れをする方は、どのように申し込みをしたらいいか不安になると思います。ここでは、申込み時の注意事項について解説します。
返済を遅延してしまった時の対応
万が一返済を遅延してしまった場合、どのようにしたらいいのでしょうか?
2枚目の商品選び
カードローンをすでに利用している人は、2枚目の金融会社をどう選ぶべきか悩むことがあると思います。ここでは2枚目選び方について解説します。
限度額を増額する方法
はじめてお金を借りる際には、限度額が思ったより低いことが多いです。しかし、その後の返済実績により限度額を増額することは可能です。
銀行系と消費者金融系の違い
カードローンと一口にいっても、いろいろな商品がありますが、大きく分けると銀行系と消費者金融系に分けられます。
借入前に知っておくべきこと
借りる前に知っておいてもらいたい大切なことがいくつかあります。利用法を間違うと月々に返済に苦労することになります。

管理人厳選カードローン


 
ホーム おまとめ一本化 銀行カードローン パート・アルバイト 総量規制対応 お急ぎの方 低金利で選ぶ