2枚目のカードローン選び

2枚目のカードローン選び

今、すでに利用しているカードローンがあるけれど、手持ちのカードローンだけでは何となく不安なので、2枚目のカードに申し込もうかな、と考えておられる方もいると思います。

 

何となくここでいいか、というような適当な選び方をすると、あとになって返済が厳しくなり延滞状態に陥るようなことになりかねません。

 

2枚目のカードローン選びの際には、しっかりと計画を立てて失敗しない選び方をする必要があります。

 

まず利用申し込みをする前にしなければいけないことは、もうひとつカードローンを増やす目的をはっきりとさせることです。

 

もし、増やす目的が「何となく自由にできるお金がほしいから」というような曖昧な理由なのであれば、カードローンを増やしたところで正直返済が厳しくなるだけになる可能性大です。

 

それならば、現在利用されているカードローンの融資額を増額できないか、カードローン会社に問い合わせて増額させるほうが良いでしょう。

 

きちんと借入と返済を繰り返して実績を積んでいれば、利用限度額を増やしてくれる可能性は高くなります。

 

それでも、どうしても不安だからもう一枚は作っておきたい、ということであれば、同じ系統のカードローンを利用することをお勧めします。

 

たとえば今現在、銀行系のカードローンを利用しているのであれば、同じ銀行系や銀行のカードローンを作るのがオススメです。

 

特に銀行系は消費者金融系の利用履歴を嫌う傾向がありますので、注意してください。

 

それに加えて、現在利用しているカードローンの貸し付け条件を下回るようなカードローン会社は避けるべきです。

 

金利などでより良い条件になっている会社を選んで、徐々に利用をそちらにシフトしていくようにすれば、返済総額を減らすことも可能になります。

 

お金を借りるということは必ず利息が発生しますので、ここの部分を減らす目的で2枚目のカードを作るということであれば、とても賢いやり方だと思います。

2枚目のカードローン選び関連ページ

初めての商品選びのコツ
初めてお金を借りる方が失敗しないためのコツについて解説させていただきます。
借入時の申請事項記入のコツ
申し込む際に記入する申請事項ですが、ここをいい加減に書いたりおろそかにしたりすると審査に大きく影響する可能性があります。
上手にカードを利用しましょう
間違った使い方をして返済で苦労することにならないように、ここでは、カードローンの上手な使い方についてアドバイスいたします。
金融機関への申し込み時の注意事項
はじめて借り入れをする方は、どのように申し込みをしたらいいか不安になると思います。ここでは、申込み時の注意事項について解説します。
返済を遅延してしまった時の対応
万が一返済を遅延してしまった場合、どのようにしたらいいのでしょうか?
個人信用情報機関ってどんなところ?
申し込み時にあなたが申告した個人情報や借入の記録は個人信用情報機関に登録され、各金融会社がこの情報を共有することになります。
限度額を増額する方法
はじめてお金を借りる際には、限度額が思ったより低いことが多いです。しかし、その後の返済実績により限度額を増額することは可能です。
銀行系と消費者金融系の違い
カードローンと一口にいっても、いろいろな商品がありますが、大きく分けると銀行系と消費者金融系に分けられます。
借入前に知っておくべきこと
借りる前に知っておいてもらいたい大切なことがいくつかあります。利用法を間違うと月々に返済に苦労することになります。

管理人厳選カードローン


 
ホーム おまとめ一本化 銀行カードローン パート・アルバイト 総量規制対応 お急ぎの方 低金利で選ぶ