カードローンの限度額を増額するには

カードローンの限度額を増額するには

融資限度額の大きいカードローンを選んで申し込んだのに、自分に割り当てられた融資限度額は意外と小さかったというような経験をされる方は多いものです。

 

カードローン会社が融資限度額として設定している300万円や500万円という数字は、誰もがその額を借りられるというものではありません。

 

申し込み者個々の年齢や年収、属性などによって個人に対する融資限度額はそれぞれ個別に設定されるものなのです。

 

でも、自分の融資限度額が少なかったからといって諦める必要はありません。

 

いくつか条件はありますが、その条件をクリアすればカードローンの限度額を増額してもらうことは可能なのです。

 

ではそのいくつかの条件とは、いったいどのようなものなのでしょうか。

 

まず1つ目は今までの返済実績の中で延滞が一度もないことです。

 

カードローン会社側としては、きっちりと間違いなく返してくれる顧客にしかお金は貸したくないと思うものです。

 

一度でも延滞があると「優良顧客」とは認めてもらえなくなり、増額を願い出てもまず却下されてしまいます。

 

やはり担保も保証人も取らずにお金を貸す以上は、きっちりと返してくれるということが最も重要視されることになります。

 

「借りたお金は、毎月必ずきっちり返す」という優良な返済実績を残している方であれば、増額希望が通る可能性が高くなりますし、またカードローン会社から増額を勧めてもらえるかもしれません。

 

次に、現在の借入金額が年収に対してどの程度の割合になっているかをチェックしましょう。

 

総量規制によって、消費者金融や信販系のいわゆる「貸金業者」からの借り入れは、2010年6月から年収の3分の1以下に規制を受けているため、これを超える借り入れができなくなっています。

 

たとえば、年収450万円のサラリーマンであれば、融資限度額は150万円ということになります。

 

これは、1社だけの金額ではなく、他社の借入も含めて、トータルで150万円とういことになります。

 

これにひっかかる場合は優良顧客であっても増額が認められませんので、一度計算しておくとよいでしょう。

カードローンの限度額を増額するには関連ページ

初めての商品選びのコツ
初めてお金を借りる方が失敗しないためのコツについて解説させていただきます。
借入時の申請事項記入のコツ
申し込む際に記入する申請事項ですが、ここをいい加減に書いたりおろそかにしたりすると審査に大きく影響する可能性があります。
上手にカードを利用しましょう
間違った使い方をして返済で苦労することにならないように、ここでは、カードローンの上手な使い方についてアドバイスいたします。
金融機関への申し込み時の注意事項
はじめて借り入れをする方は、どのように申し込みをしたらいいか不安になると思います。ここでは、申込み時の注意事項について解説します。
返済を遅延してしまった時の対応
万が一返済を遅延してしまった場合、どのようにしたらいいのでしょうか?
個人信用情報機関ってどんなところ?
申し込み時にあなたが申告した個人情報や借入の記録は個人信用情報機関に登録され、各金融会社がこの情報を共有することになります。
2枚目の商品選び
カードローンをすでに利用している人は、2枚目の金融会社をどう選ぶべきか悩むことがあると思います。ここでは2枚目選び方について解説します。
銀行系と消費者金融系の違い
カードローンと一口にいっても、いろいろな商品がありますが、大きく分けると銀行系と消費者金融系に分けられます。
借入前に知っておくべきこと
借りる前に知っておいてもらいたい大切なことがいくつかあります。利用法を間違うと月々に返済に苦労することになります。

管理人厳選カードローン


 
ホーム おまとめ一本化 銀行カードローン パート・アルバイト 総量規制対応 お急ぎの方 低金利で選ぶ