銀行カードローンと消費者金融カードローンの違い

銀行カードローンと消費者金融カードローンの違い

カードローンを作ろうと金融会社を選ぶとき、たくさんカードローン会社があってどこにすればいいか分からなくなってしまう人も多いと思います。

 

カードローンには大きく分けて、銀行カードローンと消費者金融系カードローンがあります。

 

どこに申し込んでもカードさえ作ればお金を貸してくれるんでしょ?

 

と思われるかもしれませんが、実はこの両者にはかなり違いがあります。

 

まず大きく違うのが金利の計算方法です。

 

銀行カードローンでは「元利金等返済」か「元加方式」という計算方法が採用されています。

 

返済額は毎回同じでも、元金の返済に充てられる割合が毎回変わるのがこの計算方法です。

 

返済が進めば進むほど、返済額の中の元金部分が増えていくので、最終的に支払う利息が少なくなるというのが、この返済方法の特徴になっています。
それに対して消費者金融カードローンの金利計算方法は「リボルビング返済」というものです。

 

これは当初の借入金額に対して利息がかけられ、元金とその利息分を合わせて毎月返済していく方法で、基本的に元金の割合は毎月変わりません。
借り入れが高額でなければそれほどの差は出ないものの、同じ金額を借り入れれば銀行カードローンの方が返済総額が少なく済むことになります。

 

次に利便性で比較してみましょう。

 

利便性の高さで言うと、消費者金融カードローンの方が優れていると思われます。

 

審査の速さや融資までの時間、借り入れや返済の便利さなどでは消費者金融カードローンに軍配が上がります。

 

即日融資に対応しているところも多く、その日の午前中に申し込んで、その日の夕方までにはお金を受け取るということも可能になります。

 

また、消費者金融系カードローンは、銀行カードローンにくらべて審査が通りやすい傾向があります。

 

もちろん、消費者金融系であれば誰でも簡単に審査に通るというわけではありませんが、ごく一般的なサラリーマンで過去に金融事故がなければまず審査には通ると思っていいでしょう。

 

様々な相違点がある両社ですが、最も大きな違いは銀行カードローンが総量規制の対象ではないということです。

 

総量規制による借り入れ枠に不安があるという方には、銀行カードローンがおすすめです。

 

総量規制対応のカードローンを探す

 

 

 

銀行カードローンと消費者金融カードローンの違い関連ページ

初めての商品選びのコツ
初めてお金を借りる方が失敗しないためのコツについて解説させていただきます。
借入時の申請事項記入のコツ
申し込む際に記入する申請事項ですが、ここをいい加減に書いたりおろそかにしたりすると審査に大きく影響する可能性があります。
上手にカードを利用しましょう
間違った使い方をして返済で苦労することにならないように、ここでは、カードローンの上手な使い方についてアドバイスいたします。
金融機関への申し込み時の注意事項
はじめて借り入れをする方は、どのように申し込みをしたらいいか不安になると思います。ここでは、申込み時の注意事項について解説します。
返済を遅延してしまった時の対応
万が一返済を遅延してしまった場合、どのようにしたらいいのでしょうか?
個人信用情報機関ってどんなところ?
申し込み時にあなたが申告した個人情報や借入の記録は個人信用情報機関に登録され、各金融会社がこの情報を共有することになります。
2枚目の商品選び
カードローンをすでに利用している人は、2枚目の金融会社をどう選ぶべきか悩むことがあると思います。ここでは2枚目選び方について解説します。
限度額を増額する方法
はじめてお金を借りる際には、限度額が思ったより低いことが多いです。しかし、その後の返済実績により限度額を増額することは可能です。
借入前に知っておくべきこと
借りる前に知っておいてもらいたい大切なことがいくつかあります。利用法を間違うと月々に返済に苦労することになります。

管理人厳選カードローン


 
ホーム おまとめ一本化 銀行カードローン パート・アルバイト 総量規制対応 お急ぎの方 低金利で選ぶ