カードローンのしくみ

カードローンのしくみ

銀行や消費者金融など、多くの金融機関から金融商品としてラインナップされているカードローン。

 

カードローンは融資を受ける際に担保がなくても借り入れする事が出来るので、急に資金が必要になった時や、給料日までなんとかつなぎたいと言う場合に便利な金融商品として人気があります。

 

カードローンは融資を受ける金融機関に申込をしたら、その金融機関の審査基準に基づいて審査が行なわれ、返済能力があると認められるとカードローンの融資を受ける事ができます。

 

その人の返済能力に関しては、個々の収入や借入状況などを基準にいくらまで融資ができるのかを客観的に判断される事が多いようです。

 

カードローンによる融資は、クレジットカードなどのショッピング枠のように上限が決められており、提携の銀行や消費者金融のATMで現金を引き出すことが可能です。

 

当然、カードローン用のカードを受け取っただけでは実質的な融資を受けた事にはなりませんので、金利その他は一切発生しません。

 

そのカードを使って実際に現金を借入して、初めて元利の返済義務が発生します。

 

そして借り入れをしたならば。あらかじめ決められた返済方法で返済期限までに責任を持って返済しなければいけません。

 

返済方法にも利用するカードにより様々な方法があり、毎月の最低返済金額が決められている場合や、毎月一定額の返済をしなければ行けない場合などがあります。

 

返済する時には、金融会社の窓口に現金を持参して返済してもOKですし、提携のATMを使って返済方法こともOKです。

 

余裕のあるときに、ATMを利用して繰り上げ返済をするというのは、とても賢いカードローンの利用法だと思います。

カードローンのしくみ関連ページ

カードローンに関する一般論
カードローンとは一体どのような金融商品なのでしょうか?ここではその一般論を書いてみたいと思います。
金融商品とカテゴリー
カードローンと一言でいっても様々な種類があります。ここでは、大まかなカテゴリーに分けてそれぞれの特徴について述べてみたいと思います。
カードローンの特長
カードローンは、他の金融商品とくらべてどのような特徴があるのでしょうか?
利息に関する解説
カードローンを利用すれば当然金利が発生します。とても大切な利息に関して、初めての方に分かりやすく解説して見たいと思います。
借入出来る人の条件
カードローンは基本的に定期的な収入があれば誰でも利用できますが、具体的にどんな人が利用可能なのでしょうか?
利用限度額についての解説
カードローンの利用限度額は、それぞれの金融商品ごとに上限が決められていますが、その枠内で個人の利用限度額が審査のうえで決定されます。
銀行系と保証会社
カードローンは基本的に無担保無保証で利用することが出来ますが、銀行系の場合には信用保証会社の審査が通ることを条件にしていることが多いです。
金利の上限について
カードローンの金利は、最高でも年利20%をこえることはありません。もしこの数字をこえる金融会社があれば闇金の可能性があります。
借入前のお試し審査
カードローンを申し込む前に、事前にお試し審査を受けることをお勧めいたします。ほんの数分でおよその借入可能額を知ることが出来ます。
カードローンの審査に副業の申請は?
カードローンの申請をする際に、本業の他に副業やアルバイトをしている人はどうすればいいのでしょうか?

管理人厳選カードローン


 
ホーム おまとめ一本化 銀行カードローン パート・アルバイト 総量規制対応 お急ぎの方 低金利で選ぶ