カードローンと金利の上限について

カードローンと金利の上限について

カードローンを申し込むとき、利息は一番気になるポイントだと思いますが、金利の上限というのは法律によって定められています。

 

カードローンの金利は利息制限法によって制限が設けられており、元本に応じて定められた利息以上の金額が支払われた場合には、超過部分については無効となり、元本完済後に返還をしなくてはいけないことになっています。

 

元本額に応じた金利の上限とは、@元本が10万円以下の場合には年2割、A元本が10万円以上100万円未満の場合は年1割8分、B元本が100万円以上の場合は年1割5分、となっています。

 

数多くのカードローン会社のサイトを見ても、利率について18%を超える数字がないのはこの法律に基づいているからです。

 

かつてカードローン利用者の中には、この18%以上の金利で借り入れをしていた人も多くいました。

 

法律上、債務者が任意に支払った超過分については、当事者同士の取り決めによるため返還を求めることはできないことになっていたからです。

 

しかしその後の判例によって、例え任意の支払いであっても返還は認められるというふうに状況が変化しました。

 

現在はカードローンを含め貸金業についてはかなり厳しく取り締まりがされるようになってきました。

 

もし年利18パーセントを超える高額な金利を設定している会社があるとすれば、それはいわゆるヤミ金の可能性が大きいですので、たとえ審査が甘いなどの魅力的な宣伝文句を見かけたとしても、決して利用しないようにしましょう。

 

カードローンと金利の上限について関連ページ

カードローンに関する一般論
カードローンとは一体どのような金融商品なのでしょうか?ここではその一般論を書いてみたいと思います。
金融商品とカテゴリー
カードローンと一言でいっても様々な種類があります。ここでは、大まかなカテゴリーに分けてそれぞれの特徴について述べてみたいと思います。
カードローンのしくみ
カードローンとは、どのようなしくみで成り立っている金融商品なのでしょうか?初めての人向けに簡単に説明いたします。
カードローンの特長
カードローンは、他の金融商品とくらべてどのような特徴があるのでしょうか?
利息に関する解説
カードローンを利用すれば当然金利が発生します。とても大切な利息に関して、初めての方に分かりやすく解説して見たいと思います。
借入出来る人の条件
カードローンは基本的に定期的な収入があれば誰でも利用できますが、具体的にどんな人が利用可能なのでしょうか?
利用限度額についての解説
カードローンの利用限度額は、それぞれの金融商品ごとに上限が決められていますが、その枠内で個人の利用限度額が審査のうえで決定されます。
銀行系と保証会社
カードローンは基本的に無担保無保証で利用することが出来ますが、銀行系の場合には信用保証会社の審査が通ることを条件にしていることが多いです。
借入前のお試し審査
カードローンを申し込む前に、事前にお試し審査を受けることをお勧めいたします。ほんの数分でおよその借入可能額を知ることが出来ます。
カードローンの審査に副業の申請は?
カードローンの申請をする際に、本業の他に副業やアルバイトをしている人はどうすればいいのでしょうか?

管理人厳選カードローン


 
ホーム おまとめ一本化 銀行カードローン パート・アルバイト 総量規制対応 お急ぎの方 低金利で選ぶ