カードローンの審査に副業の申請は?

カードローンの審査に副業の申請は?

カードローンの申し込みをするとき、勤め先を記入する欄があります。

 

中には勤め先が複数あったり、副業やアルバイトしていたりしているため、記入の方法に迷う人もいるでしょう。

 

もしそのような場合には、原則として一番長く勤めている勤務先を記入するようにしてください。

 

または、もっとも収入が安定しているものを記入するとよいでしょう。

 

カードローンで借り入れできる合計金額は、総量規制により収入の3分の1以下までと制限されています(銀行系を除く)。

 

そのため、本職以外の副収入が多い人の場合、そちらも合計して記入した方がよりたくさんの借り入れができるように思えますが、カードローン会社によっては副収入を認めてくれないケースもあるようです。

 

なので、審査時に提出をする書類には、定期的な所得があることを証明できる書類のあるところだけを勤め先として申告するのが基本となります。

 

ただし、どうしても本業の年収だけを基準にしたのでは希望の借入額に届かないという人は、ダメ元で副業での収入を追加で申請してみてもいいでしょう。

 

確定申告をした書類がきちんと残っていれば、定期的な収入として認めてくれるかも知れません。

 

 

カードローンの審査の際に、副業を申請した方がよいかどうか自分で判断ができない場合には、実際に申込みをする会社の窓口で質問をしてみるとよいでしょう。

 

ほとんどの場合で勤務先は一か所だけでよいといわれるはずですが、借入希望額が多い旨をうまく説明して、副業の申請も認めてもらえないか打診してみましょう。

 

一か所でダメだったとしても、各社ごとに独自の基準を設けているますので、申し込みをする前に何社かに確認をしてみてください。

カードローンの審査に副業の申請は?関連ページ

カードローンに関する一般論
カードローンとは一体どのような金融商品なのでしょうか?ここではその一般論を書いてみたいと思います。
金融商品とカテゴリー
カードローンと一言でいっても様々な種類があります。ここでは、大まかなカテゴリーに分けてそれぞれの特徴について述べてみたいと思います。
カードローンのしくみ
カードローンとは、どのようなしくみで成り立っている金融商品なのでしょうか?初めての人向けに簡単に説明いたします。
カードローンの特長
カードローンは、他の金融商品とくらべてどのような特徴があるのでしょうか?
利息に関する解説
カードローンを利用すれば当然金利が発生します。とても大切な利息に関して、初めての方に分かりやすく解説して見たいと思います。
借入出来る人の条件
カードローンは基本的に定期的な収入があれば誰でも利用できますが、具体的にどんな人が利用可能なのでしょうか?
利用限度額についての解説
カードローンの利用限度額は、それぞれの金融商品ごとに上限が決められていますが、その枠内で個人の利用限度額が審査のうえで決定されます。
銀行系と保証会社
カードローンは基本的に無担保無保証で利用することが出来ますが、銀行系の場合には信用保証会社の審査が通ることを条件にしていることが多いです。
金利の上限について
カードローンの金利は、最高でも年利20%をこえることはありません。もしこの数字をこえる金融会社があれば闇金の可能性があります。
借入前のお試し審査
カードローンを申し込む前に、事前にお試し審査を受けることをお勧めいたします。ほんの数分でおよその借入可能額を知ることが出来ます。

管理人厳選カードローン


 
ホーム おまとめ一本化 銀行カードローン パート・アルバイト 総量規制対応 お急ぎの方 低金利で選ぶ