複数のカードローンの借り入れ

複数のカードローンの借り入れ

現在カードローンを利用中で、もう一つ借入先を作りたいという人は注意してください。

 

複数の金融機関からの借り入れは、審査基準が格段に厳しくなることに加え、自身の信用情報に大きな傷をつくることにもなりかねないからです。

 

複数の金融機関からの借り入れは、メリットがほとんどない上に返済金額の管理が複雑化してしまうためおすすめできることではありません。

 

カードローンの借り入れを行うとき、最初の契約条件で借り入れ上限金額を提示されます。

 

この金額は契約者の現在の信用状況を示すものです。

 

契約後の利用状況や返済の遅滞の有無、トラブルや法的な罰則を受けたことがなかったかなどを総合して、少しずつ限度額や金利が有利なものになっていくのです。

 

言い換えれば、限度額とは契約者がその金額の範囲内でならお金の管理ができるという信頼を示すものであるわけです。

 

カードローンの申請時に受ける審査では、業界全体で共有される個人情報を参考にされます。

 

そのため、複数の金融機関で借入をしようとするということは、管理できないかもしれない範囲の金額を借りようとしているとみなされるので、最初のときのように簡単に審査が通るということはまずありません。

 

ただし、複数の金融機関では全く貸付けをしてもらえないというわけではありません。

 

貸付け会社の方針やその人個人の状況にもよりますが、10万円以下の小額であれば貸してもらえることが多いようです。

 

しかし、できるかぎり前回の借り入れを全額返済してから別の金融機関を利用するようにしましょう。

 

逆に、現在複数の金融会社から借入している方には、1社にまとめることをお勧めします。

複数のカードローンの借り入れ関連ページ

カードローンってそもそもどんなローン?
そもそもカードローンってどんなローンなのか今一つ分からないという人のために、分かりやすく解説します。
金融商品とカードの種類
金融商品としてのカードには様々な種類がありますが、ここではカードローンを中心に、それぞれのカードの違いについて解説します。
返済期日と遅延時の対応
カードローンの返済期日は基本的に守らなければなりませんが、どうしても返済期日までに間に合わない場合はどうすればいいのでしょうか?
利息計算の実例
カードローンの利息計算ってなんだか難しそうな気がしますが、それほど複雑な計算が必要なわけではありせん。実例で説明して見たいと思います。
金融商品を選ぶポイント
初めてカードローンを選ぶ際には、どういった点に注意をしたらいいのか、そのポイントを解説いたします。
カードを悪用されないために
カードローンはカードを使って借り入れが出来る大変便利なものですが、カードを悪用されては大変です。悪用を防止するためにはどうすればいいのでしょうか?
初めての借入で気になる審査について
初めてカードローンを利用するかにとって、審査はとても気になると思います。どんな感じですすめられるのでしょうか?
カードローンの早期返済のメリット
カードローンはうまく利用するコツは、早期返済をうまく活用して、信用実績をつくり、金利や限度額を有利にしてもらうことです。
借入限度額はどうやって決まるのか?
カードローンの借入限度額は人によって大きく異なります。いったいどのようにして借入限度額が決められるのでしょうか?

管理人厳選カードローン


 
ホーム おまとめ一本化 銀行カードローン パート・アルバイト 総量規制対応 お急ぎの方 低金利で選ぶ