カードローンの審査をパスするためのコツ

カードローンの審査をパスするためのコツ

カードローンの審査にパスするための条件は、各会社によって色々な基準があります。

 

そしてその条件は公開されておらず、通った人と通らなかった人の違いから、どういう基準なのかを推測するしかありません。

 

カードローンの審査でポイントとなる条件は、住居・居住年数、家族構成、職業・勤務先・年収、他者利用件数・金額です。

 

これらの条件をチェックして、問題がなければ審査をパスすることができます。

 

住居は賃貸かマイホームかの他にローンを抱えているのか、家族構成は既婚・未婚・不要人数、職業関連は安定した収入があるのか、他者利用件数は金銭トラブルがないのかをチェックしています。

 

カードローンは、提供する金融機関の種類によって審査の基準にも違いが出てくるものです。

 

一番厳しめなのは銀行系ですが、総量規制の対象外であり、借りられる額が多いという特徴があります。

 

そして消費者金融系は比較的審査に通りやすい傾向がありますが、金利がやや高いことや限度額がそれほど高くないという特徴があります。

 

最初金利の低いところで申請してみて審査に通らなければ、高いところに申し込んでみると通ることがあるので、このあたりもうまく考えてみるといいかも知れません。

 

ただ、ダメ元であちこちに連続で申しむのは、やめておきましょう。

 

審査に落ちたという記録がたくさん残ると、ますます借りにくくなってしまうからです。

 

ちなみに金銭トラブルがあってブラックリストに載ってしまうと、5〜10年はカードローンの審査に通りません。

 

消費者金融系でもグレーゾーンの撤廃で、比較的安い金利で借りることが出来るようになりましたが、それだけにブラックリストに載ってしまった人への対応は厳しくならざるを得ないというのが実情のようです。

カードローンの審査をパスするためのコツ関連ページ

カードローンを使えない人ってどんな人?
カードローンを使えない人はいったいどのような人なのかを説明してみたいと思います。
銀行系の保証会社について
銀行カードローンの利用条件に、保証会社の審査に通過することが出来る人とありますが、そもそも銀行の保証会社とはどんな会社なのでしょうか?
カードローンに保証人は必要か?
カードローンの利用の際には、一般的に保証人は必要ありません。それでは、保証人が必要になるケースとはどのような場合でしょうか?
大切な借入前のシミュレーション
カードローンの利用は計画的に、とはよく言われる言葉です。計画的に利用するために大切になるのが借りる前のシミュレーションです。
カードローンの特典とメリット
カードローンを利用することで特典が付くことがあります。うまい特典の活用方法を解説して見たいと思います。
少額の借入でも慎重に
カードローンを少額だからといって何度も利用していると、決してばかにならない金額の利息を支払っていることになります。
カードローンの申し込み方法の種類と特徴
カードローンの申し込み方法には大きく分けて3つの方法があります。ここでは、それぞれの申し込み方法について詳しく解説したいと思います。
借入返済に関するトラブル対策
カードローンを利用するということはお金を借りるということなので、一歩間違うとトラブルに発展しかねません。
初めてカードローンを利用する際のポイント
初めてカードローンを利用する際にはどういった点に注意したらいいのでしょうか?利用する際のポイントを紹介したいと思います。

管理人厳選カードローン


 
ホーム おまとめ一本化 銀行カードローン パート・アルバイト 総量規制対応 お急ぎの方 低金利で選ぶ