カードローン返済の実質年率とは

カードローン返済の実質年率とは

電車の中刷り広告などを見ていると、よくカードローンのポスターに「実質年利」という言葉が書かれています。

 

そもそも実質年利とは、一体どのようなものなのでしょうか。

 

実質年利とは、カードローン利用者が1年後に借りたお金に対して一括で返す時につく利子を、借り入れ金とのパーセンテージで表示したものが実質年率です。

 

例えば、カード会社から100万円を実質年率10%として借り入れた場合を考えてみましょう。

 

1年後に返済すべき利子は10万円となります。

 

つまり、実質年率10%で借りた100万円を1年後に返済すると返済総額は110万円になります。

 

1年と言えば365日ですが、実際の返済では日割りで考えますので、365日分が日割りで利息がつくと考えるようにして下さい。

 

カードローンの返済は、1ヶ月ごとの返済が一般的ですので、利息を計算する際は、元金の減少によってそれに対する利息も減っていくということを覚えておいて下さい。

 

例えば、100万円を借りた場合でも、半分借りたお金を返すことが出来れば、当然利息はその半分の元金に対してつくことになります。

 

カードローン返済の実質年率が理解出来てきたら、具体的な返済金額を立ててみましょう。

 

自分で電卓を利用して計算することも出来ますが、実際にやってみると面倒だったります。

 

そこで、カードローン会社のホームページに掲載されている簡易シミュレーションやソフト等を利用すると簡単に利息が分かります。

 

カード会社にもよりますが、日割りで計算することが出来るサイトもありますので、より実際の返済額に近い金額を表示してくれたります。

カードローン返済の実質年率とは関連ページ

キャシングを利用するにあたって注意すべきこと
初めてキャッシングをするにあたって注意すべき点をまとめてみました。大切なことですので、必ず読んでください。
審査前に知っておくこと
借入前には必ず審査があります。しかし、普通に安定した収入のある人であれば、審査を恐れる必要はありません。
借入前の予備知識
お金を借りる前に知っておくべき予備知識について書いてみたいと思います。
借入にあたってその特徴を知る
金融機関からお金を借入するためには様々な手段がありますが、カードローンでの借り入れにはどのような特徴があるのでしょうか?
金利についての基礎知識
借入の申し込みをする前に、金利のことについて考えることはとても大切です。
カードローンがいま人気になっている理由
カードローンは気軽に利用できる金融商品として人気となっていますが、その理由について解説してみたいと思います。
IT系の金融商品
ネットバンクなどが提供している、店舗を持たないIT系の金融商品のことについて具体的に説明いたします。
ランキングサイトをチェックしよう
ネット上にはキャッシングサービスを比較して順位付けしたらキングサイトがたくさんあります。その特徴について書いてみます。
その他のローンの違いとは?
キャッシングが住宅ローンなどの他の金融商品と決定的に違うところはどこなのでしょうか?

管理人厳選カードローン


 
ホーム おまとめ一本化 銀行カードローン パート・アルバイト 総量規制対応 お急ぎの方 低金利で選ぶ