カードローンの借り入れをしやすい人とは?

カードローンの借入をしやすい人とは?

カードローンを利用しやすい方って、どのような方なのでしょうか。一般的に、漠然と収入がある人だと捉えられがちですが、実はしっかりとした定義があるようです。

 

まず、カードローンを利用するにあたり、大前提となるのが「安定した収入がある20歳以上の男女」です。

 

その上で、借り入れ限度額を決める際に、年齢、職種、年収が加味されてきます。

 

つまり、高校を卒業したばかりの20歳未満の若者は借り入れが出来ないということになります。

 

 それでは、職業面で借り入れしやすい方というのはあるのでしょうか?

 

ここでのポイントは、職業としての安定性です。

 

例えば、公務員や大企業のサラリーマンといった離職率の高くない職業は審査に通りやすいようです。

 

つまり、収入があるというだけではなく、毎月安定した収入が貰えるかどうかという点が重視されますので、そういった職業や職種の方はカードローンが利用しやすいと言われています。

 

 これらの他にカードローンを利用しやすい方として、配偶者や子供を持ち、かつ持ち家に住んでいる方です。

 

一見すると、家計を支えるだけでも大変なのに、カードローンを利用するのは大変では?と思われがちです。

 

しかし、実際はその逆です。

 

返済を放棄することなく、家計や収入のバランスを考えながら返済計画を立てる方が多いですので、カードローン審査も通りやすいようです。

カードローンの借り入れをしやすい人とは?関連ページ

返済延滞でのトラブルを避けるために
カードローンを利用でトラブルになるのは、返済が滞った時です。もし返済が遅延しそうになったら、すぐに金融会社に連絡するようにしましょう。
主婦や学生向けのカードローンの実態は?
一般にカードローンの借り入れがしにくいと言われている主婦や学生ですが、実際にはどうなのでしょうか?
借入れ金利表示のアドオン方式と実質年率方式の違いは?
カードローンの金利の表示方式にはアドオン方式と実質年利方式の2種類があります。アドオン方式での表示は現在法律で禁止されています。
借入時の個人情報開示
カードローンを利用するには、金融会社に個人情報を開示する必要があります。
借入出来る職業とは?
カードローンはどんな職業の人でも利用できますが、やはりサラリーマンが優遇されるようです。
カードローンを選ぶ際の比較のポイント
カードローンを選ぶ際にはどういった点に注意をすればいいのでしょうか?各社の商品を比較するポイントを紹介したします。
借入前に確認すべきこと
カードローンを利用するということは、当然ですがお金を借りるということです。本当に借り入れが必要なお金なのかどうか、利用する前に確認しましょう。
審査におけるプロセス
カードローン利用するためには、必ず審査を受けなければなりませんが、そのプロセスについて具体的に解説します。
カードローンとクレジットカードの違いとは?
カードローンとクレジットカードは、使用するカードの形は似ていますが、実際には全く異なる金融商品です。

管理人厳選カードローン


 
ホーム おまとめ一本化 銀行カードローン パート・アルバイト 総量規制対応 お急ぎの方 低金利で選ぶ