主婦や学生向けのカードローンの実態は?

主婦や学生向けのカードローンの実態とは?

カードローンと言えば、サラリーマンを対象とした金融商品のイメージが強く、主婦や学生では利用出来ないのでは?と思われがちです。

 

しかし、最近ではカードローンも多様化しており、主婦や学生、或いは自営業の方でも利用可能なカードローンもあります。

 

 例えば、専業主婦の方でも夫の源泉徴収書等で収入を証明出来れば、カードローン審査を通過することが出来るようになっています。

 

また、女性向けカードローンの中でも非正社員向けのローンもあります。

 

一般的に、非正社員の方がお金を借りるには、どうしても収入面での安定性に欠けることから、審査が通りにくいという問題がありました。

 

しかし、将来的に正社員に切り替わる予定がある方や、アルバイトを掛け持ちするなどして収入面での安定性を強くアピールすることで、審査を通過するケースもあります。

 

 学生の場合はというと、そもそも本人に収入があるわけでもありませんし、返済能力にも限りがあるわけですから、一般的なカードローンの申し込みは難しいようです。

 

しかし、学生向けのカードローンを利用することで、学生が借りにくいといった点はクリアーできます。

 

本人が学生でいる間は金利の返済だけで済み、就職してから本格的な返済を開始するタイプの学生ローンもあるようです。

 

そういうタイプのローンであれば、学生の間は月々の返済金額が非常に少なめになります。

 

また、手続き上も国民健康保険や学生証だけで借りられるところもあるようです。

主婦や学生向けのカードローンの実態は?関連ページ

返済延滞でのトラブルを避けるために
カードローンを利用でトラブルになるのは、返済が滞った時です。もし返済が遅延しそうになったら、すぐに金融会社に連絡するようにしましょう。
借入しやすい人とは?
カードローンを利用する前に気になるのは、どういった人が借入をしやすいかです。ここでは借入をしやすい人について詳しく解説して見たいと思います。
借入れ金利表示のアドオン方式と実質年率方式の違いは?
カードローンの金利の表示方式にはアドオン方式と実質年利方式の2種類があります。アドオン方式での表示は現在法律で禁止されています。
借入時の個人情報開示
カードローンを利用するには、金融会社に個人情報を開示する必要があります。
借入出来る職業とは?
カードローンはどんな職業の人でも利用できますが、やはりサラリーマンが優遇されるようです。
カードローンを選ぶ際の比較のポイント
カードローンを選ぶ際にはどういった点に注意をすればいいのでしょうか?各社の商品を比較するポイントを紹介したします。
借入前に確認すべきこと
カードローンを利用するということは、当然ですがお金を借りるということです。本当に借り入れが必要なお金なのかどうか、利用する前に確認しましょう。
審査におけるプロセス
カードローン利用するためには、必ず審査を受けなければなりませんが、そのプロセスについて具体的に解説します。
カードローンとクレジットカードの違いとは?
カードローンとクレジットカードは、使用するカードの形は似ていますが、実際には全く異なる金融商品です。

管理人厳選カードローン


 
ホーム おまとめ一本化 銀行カードローン パート・アルバイト 総量規制対応 お急ぎの方 低金利で選ぶ