カードローンと個人情報

カードローンと個人情報

カードローンに申し込む際には、必ず個人情報を記入しなければいけません。

 

借金をしていることを周囲に知られたくないといって、そこにウソの情報を記載すると、審査に通らずに融資が受けられなくなってしまいます。

 

金融会社は、必ず本人確認などを行うからです。

 

ですから、運転免許証やパスポートといったものを用意して申し込みを行うことになります。

 

また、電話についても同じです。必ずその番号が存在するか確認の電話を入れることになります。

 

とくに重要なのが職場についての情報です。

 

カードローンを利用するには、安定した収入があることが前提となるので、そのために在籍確認の連絡が入るのです。

 

会社に知られたくないからと虚偽の記載をすると、その時点でわかってしまうのです。

 

金融会社も、融資の確認だとわかるような連絡は入れないので、その点については安心していいでしょう。

 

とにかく、その会社に本人が在籍しているということがわかればいいのです。

 

また、カードローンを申し込む際の本人確認書類に健康保険証を使った場合には、それだけで職業の裏づけとなるケースもあります。

 

たとえば、社会保険ならば普通の会社員で、共済保険ならば公務員だと想像がつきます。

 

組合保険ならば大手企業に勤めているということもあるでしょう。

 

国民健康保険ならば自営業やフリーターとなるのです。

 

金融会社によっては、そのために必要事項の欄に、保険についての情報を入力するように求めてくるケースもあります。

カードローンと個人情報関連ページ

返済延滞でのトラブルを避けるために
カードローンを利用でトラブルになるのは、返済が滞った時です。もし返済が遅延しそうになったら、すぐに金融会社に連絡するようにしましょう。
借入しやすい人とは?
カードローンを利用する前に気になるのは、どういった人が借入をしやすいかです。ここでは借入をしやすい人について詳しく解説して見たいと思います。
主婦や学生向けのカードローンの実態は?
一般にカードローンの借り入れがしにくいと言われている主婦や学生ですが、実際にはどうなのでしょうか?
借入れ金利表示のアドオン方式と実質年率方式の違いは?
カードローンの金利の表示方式にはアドオン方式と実質年利方式の2種類があります。アドオン方式での表示は現在法律で禁止されています。
借入出来る職業とは?
カードローンはどんな職業の人でも利用できますが、やはりサラリーマンが優遇されるようです。
カードローンを選ぶ際の比較のポイント
カードローンを選ぶ際にはどういった点に注意をすればいいのでしょうか?各社の商品を比較するポイントを紹介したします。
借入前に確認すべきこと
カードローンを利用するということは、当然ですがお金を借りるということです。本当に借り入れが必要なお金なのかどうか、利用する前に確認しましょう。
審査におけるプロセス
カードローン利用するためには、必ず審査を受けなければなりませんが、そのプロセスについて具体的に解説します。
カードローンとクレジットカードの違いとは?
カードローンとクレジットカードは、使用するカードの形は似ていますが、実際には全く異なる金融商品です。

管理人厳選カードローン


 
ホーム おまとめ一本化 銀行カードローン パート・アルバイト 総量規制対応 お急ぎの方 低金利で選ぶ