カードローンを利用の際に知っておきたい知識

カードローンの審査はどのような流れで行われるか?

カードローンに限らず、一般にローンと呼ばれるものを利用して融資を受ける場合に必ず必要になるプロセスが、「審査」です。

 

カードローンのように無担保で融資を受ける場合には、貸す側のリスクを考えればある程度は審査が厳しくなるのは仕方のないところです。

 

その人に返済能力があるかどうかを見極めるために行うのが審査ということになります。

 

カードローンの申込をする時には最初に融資申し込み用紙に記入するが、ネット申し込みの場合は必要事項を入力して送信します。

 

審査はこの申込書の内容を元に行なわれます。

 

申込用紙にどんな内容の項目があるのかは金融機関によって異なりますが、一般的には名前や住所、生年月日や電話番号などの個人情報に加えて、勤務先や通学している学校名、家族構成や年収、住んでいる自宅は持ち家か借家か、など簡単な情報を記入するだけの事が多いようです。

 

カードローンを取り扱う金融機関は、個人信用情報に関するネットワークに加盟しており、個人の借り入れや事故に関する共通のデータベースを持っています。

 

融資を申し込んだ人の名前や生年月日などから、その人の過去の金融に関する情報を取得します。

 

もし、事故情報として掲載されていたりすると、それがいわゆるブラックリストとなり、新たな借り入れは難しいということになります。

 

そして、個人情報機関でのデーター照合が終わると、勤務先などへ電話を入れて在籍確認が行われます。

 

社員証や保険証など勤務先を証明するものを提示することができれば、勤務先への確認と言うプロセスが省略されるので、審査が下りるまでの時間も短縮されるようです。

 

カードローンの審査では、その人の収入や他社からの借り入れ状況などを総合的に判断して、最終的に借り入れ上限金額が決定されることになります。

カードローンの審査におけるプロセス関連ページ

返済延滞でのトラブルを避けるために
カードローンを利用でトラブルになるのは、返済が滞った時です。もし返済が遅延しそうになったら、すぐに金融会社に連絡するようにしましょう。
借入しやすい人とは?
カードローンを利用する前に気になるのは、どういった人が借入をしやすいかです。ここでは借入をしやすい人について詳しく解説して見たいと思います。
主婦や学生向けのカードローンの実態は?
一般にカードローンの借り入れがしにくいと言われている主婦や学生ですが、実際にはどうなのでしょうか?
借入れ金利表示のアドオン方式と実質年率方式の違いは?
カードローンの金利の表示方式にはアドオン方式と実質年利方式の2種類があります。アドオン方式での表示は現在法律で禁止されています。
借入時の個人情報開示
カードローンを利用するには、金融会社に個人情報を開示する必要があります。
借入出来る職業とは?
カードローンはどんな職業の人でも利用できますが、やはりサラリーマンが優遇されるようです。
カードローンを選ぶ際の比較のポイント
カードローンを選ぶ際にはどういった点に注意をすればいいのでしょうか?各社の商品を比較するポイントを紹介したします。
借入前に確認すべきこと
カードローンを利用するということは、当然ですがお金を借りるということです。本当に借り入れが必要なお金なのかどうか、利用する前に確認しましょう。
カードローンとクレジットカードの違いとは?
カードローンとクレジットカードは、使用するカードの形は似ていますが、実際には全く異なる金融商品です。

管理人厳選カードローン


 
ホーム おまとめ一本化 銀行カードローン パート・アルバイト 総量規制対応 お急ぎの方 低金利で選ぶ