カードローンのお役立ち情報〜その7

クレジットカードとカードローンは何が違うのか?

カードローンとクレジットカードは、どちらもプラスチックの似たような大きさのカードなので、その違いがよく分からない人もいるかもしれません。

 

そもそもクレジットカードは、お財布に現金が入っていなくてもカードを使って商品の代金を支払う事が出来るというシステムです。

 

一方、カードローンは銀行系や消費者金融系などのいろいろな金融機関から、自由な目的で融資を受ける事が出来るローンで、カードを使ってATMからカードを使って現金を引き出すことが出来ることから、カードローンと呼ばれています。

 

クレジットカードと同じようにプラスチックのカードを使って気軽に現金を手にする事が出来るカードローンですが、ATMなどを利用して融資を受ける以外の目的では利用できません。

 

たとえば、ショッピングなどに使いたい場合にはクレジットカードならば、現金を持たずにそのままカードで支払いをすることが来ますが、カードローンの場合にはATMなど必要な金額を引き出してから、支払をしなければなりません。

 

クレジットカードの中にはキャッシング機能がついていて、カードローンのようにATMを使って現金を引き出すことの出来るタイプもあります。

 

この機能は基本的にカードローンと同じです。

 

つまり、30万円のキャッシング機能のついたクレジットカードは、30万円の融資限度額のカードローンを利用するのと実質的には同じと言えます。

 

クレジットカードを発行している信販会社が、カードローンに特化した商品を提供することがありますが、これを一般的に信販系カードローンなどと呼んだりします。

 

いずれにしましても、カードローンとクレジットカードは、どちらも「カード」というネーミングですが、まったく性質の違うサービスであることが理解出来るかと思います。

カードローンとクレジットカードの違いとは?関連ページ

返済延滞でのトラブルを避けるために
カードローンを利用でトラブルになるのは、返済が滞った時です。もし返済が遅延しそうになったら、すぐに金融会社に連絡するようにしましょう。
借入しやすい人とは?
カードローンを利用する前に気になるのは、どういった人が借入をしやすいかです。ここでは借入をしやすい人について詳しく解説して見たいと思います。
主婦や学生向けのカードローンの実態は?
一般にカードローンの借り入れがしにくいと言われている主婦や学生ですが、実際にはどうなのでしょうか?
借入れ金利表示のアドオン方式と実質年率方式の違いは?
カードローンの金利の表示方式にはアドオン方式と実質年利方式の2種類があります。アドオン方式での表示は現在法律で禁止されています。
借入時の個人情報開示
カードローンを利用するには、金融会社に個人情報を開示する必要があります。
借入出来る職業とは?
カードローンはどんな職業の人でも利用できますが、やはりサラリーマンが優遇されるようです。
カードローンを選ぶ際の比較のポイント
カードローンを選ぶ際にはどういった点に注意をすればいいのでしょうか?各社の商品を比較するポイントを紹介したします。
借入前に確認すべきこと
カードローンを利用するということは、当然ですがお金を借りるということです。本当に借り入れが必要なお金なのかどうか、利用する前に確認しましょう。
審査におけるプロセス
カードローン利用するためには、必ず審査を受けなければなりませんが、そのプロセスについて具体的に解説します。

管理人厳選カードローン


 
ホーム おまとめ一本化 銀行カードローン パート・アルバイト 総量規制対応 お急ぎの方 低金利で選ぶ