カードローンに関する管理人のコラム

カードローンはどのように選べばいいのでしょうか?

現在では銀行や消費者金融など、多くの金融機関からカードローンがラインナップされています。

 

使用目的が限定されていないので、急な出費が必要になった時にフレキシブルに融資を受ける事が出来ますし、提携ATMから現金を引き出して融資を受けたり、おなじATMで返済したりすることができます。

 

そのため、カードさえ持っていれば長期間ずっと使えるローンなので、万が一の時にカードを持っているととても便利に感じます。

 

カードローンはそれぞれの金融機関ごとに様々な商品が提供されていますが、どのカー祖ローンを選択したらいいのか迷う人お多いと思います。

 

利用限度額優先なのか、金利優先なのか、あるいは審査の通りやすさ優先なのかによって選ぶべきカードローンは変わってきます。

 

当サイトのようなカードローンの総合サイトや比較サイトなどを参考に、自分のライフスタイルに適したものを選ぶようにするといいでしょう。

 

金利に関して言えば、大まかな目安として、消費者金融系のカードローンよりも銀行系のカードローンの金利の方が低めの傾向があります。

 

ただし、新興の銀行によるカードローンの場合、消費者金融系とそれほど金利が変わらないケースもありますので、よく比較してみることをお勧めします。

 

利用限度額に関しては、多いに越したことはありませんが、これは最終的には利用者の与信によってきまりますので、最高限度額だけを見て比較してもあまり意味はありません。

 

とくに、消費者金融系のカードローンの場合は、総量規制の範囲内となりますので、よほどの高所得者出ない限りは、最高限度額まで借りることは出来ないということになります。

 

審査に関しては、一般的に銀行系のカードローンが厳しい傾向があり、消費者金融系だと比較的通りやすいと言われていますが、これもそれぞれ各社の基準がことなりますので、一概には言えません。

 

審査が厳しいという理由だけで銀行系カードローンをあきらめるのではなく、まずは審査に通るかどうか申し込んでみるといいと思います。

 

過去に金融トラブルがなければ、意外とすんなり審査に通ってしまうものです。

 

あと、カードローンを選ぶ際のポイントとして、お金を引き出す際や返済をする際のATMの設置場所にも着目するといいでしょう。

 

自宅や職場の近くにATMがあったほうが、何かと便利だと思います。

 

そういった意味では、全国に提携ATMのある大手の金融会社のカードローンを利用したほうがいいですね。

自分に合ったカードローンを選ぶコツ関連ページ

なぜ計画的に利用することが大切なのか?
カードローンは計画的に利用しましょうという言葉をよく耳にしますが、なぜそれほどそのことが繰り返し言われるのでしょうか?
カードローン選びから申し込みまで
カードローンは各金融機関ごとにたくさんの種類がありますので、どの商品を選んで申し込むべきかをじっくりと考える必要があります。
申し込みから現金やカードの受け取りまでの流れ
カードローンの申し込みをしてから、実際に現金やカードを受け取るまでの流れについて書いてみたいと思います。
返済期日に関して注意すべきこと
カードローンには返済期日というものが設定されていますが、これに関していくつか注意しなければならないことがあります。
利率選びを間違うと大変なことになります。
カードローン選びにおいて金利は重要です。数%の違いが長い返済期間においては大きな支払金額の差になります。
融資限度額は高めがいいと言える理由
カードローンを利用する際には、なるべく融資限度額を高めに設定した方が何かとお得になることが多いです。
カードローンの最大のメリットはその審査スピードです
カードローンの特徴は審査スピードの早さにあります。急ぎで借入が必要になった人にとってはとてもありがたい存在でしょう。
返済計画をしっかり立てることの大切さ
カードローンの利用に失敗する人の多くは、返済計画がいい加減だったことが理由です。
ATM現金自動預け払い機のメリット
カードローンはATM現金自動預け払い機を使って、必要な時にいつでもお金を借りたり、返済を行ったり出来ます。

管理人厳選カードローン


 
ホーム おまとめ一本化 銀行カードローン パート・アルバイト 総量規制対応 お急ぎの方 低金利で選ぶ