カードローンに関する管理人のコラム

カードローンの返済期日は必ず守りましょう

カードローンに限らず、金融機関から融資を受けるローンやクレジットカードなどには、必ず返済期日が設けられています。

 

返済期日とは、その日までにあらかじめ決められた金額を返済しなければいけない日ということになります。

 

多くの場合には、ローンの申込をした際に契約した金融機関から自動的に引き落とされる事が多いようです。

 

返済日当日には、返済金として自動的にお金が引き落とされるので、遅くても引き落とし前日の夕方までには残高を確認しておかなければいけません。

 

万が一返済期日に残高不足などで引き落としができなかった場合には、返済遅延ということになってしまいます。

 

返済遅延ということになりますと、遅延損害金として、非常に高金利の支払いをしなくてはならなくなります。

 

さらに、返済遅延を何度も繰り返していると、信用情報機関にその情報が登録されてしまうということもあります。

 

信用情報機関とは日本国内の金融機関ネットワークが全て利用している第3機関で、ローンやクレジットカードなどの金融商品を利用している人の情報が全てここで管理されています。

 

個人情報はもちろん、勤務状態や借り入れ金額のトータル、また返済状況なども全て記録されています。

 

返済遅延が続くと、いわゆるブラックリスト扱いとなり、将来的に新たなカードローンの審査に通らなくなる可能性があります。

 

そのため、例え少額のカードローンであっても、返済期日は必ず守るようにしましょう。

 

また、カードローンの中には、返済期日以前であっても自由に返済できるというシステムを採用しているところも多く、返済期日を待たずに積極的に早く返済したい人にとっては便利です。

 

カードローンの場合は、利息が日割り計算となっていることが多いために、1日でも早く返済することが出来れば、その利息分がお得になります。

 

カードローンの返済期日に関して注意すべきこと関連ページ

自分に合ったカードローンを選ぶコツ
カードローンは様々金融会社がサービスを提供していますが、自分には合った商品を見つけるにはどうすればいいのでしょうか?
なぜ計画的に利用することが大切なのか?
カードローンは計画的に利用しましょうという言葉をよく耳にしますが、なぜそれほどそのことが繰り返し言われるのでしょうか?
カードローン選びから申し込みまで
カードローンは各金融機関ごとにたくさんの種類がありますので、どの商品を選んで申し込むべきかをじっくりと考える必要があります。
申し込みから現金やカードの受け取りまでの流れ
カードローンの申し込みをしてから、実際に現金やカードを受け取るまでの流れについて書いてみたいと思います。
利率選びを間違うと大変なことになります。
カードローン選びにおいて金利は重要です。数%の違いが長い返済期間においては大きな支払金額の差になります。
融資限度額は高めがいいと言える理由
カードローンを利用する際には、なるべく融資限度額を高めに設定した方が何かとお得になることが多いです。
カードローンの最大のメリットはその審査スピードです
カードローンの特徴は審査スピードの早さにあります。急ぎで借入が必要になった人にとってはとてもありがたい存在でしょう。
返済計画をしっかり立てることの大切さ
カードローンの利用に失敗する人の多くは、返済計画がいい加減だったことが理由です。
ATM現金自動預け払い機のメリット
カードローンはATM現金自動預け払い機を使って、必要な時にいつでもお金を借りたり、返済を行ったり出来ます。

管理人厳選カードローン


 
ホーム おまとめ一本化 銀行カードローン パート・アルバイト 総量規制対応 お急ぎの方 低金利で選ぶ