借り入れの際に気になる総量規制とは?

借り入れの際に気になる総量規制とは?

総量規制とは、貸金業法に定められている仕組みで借り入れ金額を年収の3分の1に制限するというものです。

 

総量規制の対象となるのは「個人向け貸付け」といわれる個人がお金を借りるという行為についてです。個人向けの保証や個人が事業用資金として借り入れるような場合は、原則として総量規制の対象とはなりません。

 

カードローンはもちろんこの「個人向け貸付け」に該当しますので、これからお金を借りようとする場合には収入の3分の1を超える金額を借り入れることができません。

 

総量規制の定めでは、個人顧客から新たな貸付け申し込みを受けた場合、貸金業者は指定信用情報機関が保有する個人信用情報を使用して、他の貸金業者からの借入残高の調査をしなければいけないことになっています。

 

照合した情報を元に金融会社は現在の契約者のローンやキャッシングの合計金額が年収の3分の1を超えていないかどうかを確認し、超えた部分については貸し出しをしてはいけないとされています。(貸金業法第13条2項)。

 

貸金業者が総量規制に違反した貸付けを行った場合は、行政処分の対象となります。

 

保証人がいる場合でも同じです。

 

ただし総量規制の対象となるのはキャッシングの部分のみについてで、クレジットカードを使った商品購入(ショッピング)部分については年収の3分の1を超えて買い物をすることは可能になっています。

 

このほか銀行からの貸付けや、銀行のカードローンも総量規制の対象にはなりません。

 

 

総量規制対応のカードローンは以下よりお探し下さい。

 

総量規制対応!カードローン診断ナビ

借り入れの際に気になる総量規制とは?関連ページ

総量規制についての詳細
キャッシングを利用する際には、総量規制について考慮する必要があります。年収の3分の1を超える借入は基本的に出来ません。

管理人厳選カードローン


 
ホーム おまとめ一本化 銀行カードローン パート・アルバイト 総量規制対応 お急ぎの方 低金利で選ぶ