総量規制についての詳細

総量規制についての詳細

最近よく耳にするようになった言葉に総量規制があります。

 

この総量規制によってお金が借りられなくなったという気になる話も出ていますが、そもそもこの総量規制とはいったい何なのでしょうか。

 

総量規制とは、「ローンの借り入れ総額を年収の3分の1までに制限する」、「借り入れ額が1社50万円、または複数の金融会社からの借り入れ合計額が100万円を超える人は源泉徴収票のコピーなどの収入証明書の提出を義務付ける」ということが、貸金業法の改正法として決められたものです。

 

2010年(平成22年)6月18日から施行されており、多重債務者や自己破産者の増加防止と、ヤミ金融被害の抑制を目的としていると言われています。

 

この総量規制は、消費者金融やクレジットカード会社、信販会社などを規制の対象としており、医療費の緊急貸付や自動車ローン・住宅ローン、また銀行からの借り入れについては総量規制の対象外となっています。

 

ただし、規制を受ける金融会社からの借り入れ合計額が年収の3分の1以内に規制されるため、すでにこの額を超えた借り入れがある方に対しては、新たな借り入れができない状態となっているほか、定期的な収入のない配偶者貸し付けに関しても夫婦合算で年収の3分の1の金額までと規制を受けるため、主婦の方などが借り入れをしにくい状況になっています。

 

しかし、大手都銀などの銀行が提供しているカードローンサービスによる借り入れは、総量規制の対象外となっているため、他の金融機関で既に年収の3分の1以上の借り入れがある方でも、銀行系であれば借り入れ審査に通る可能性はあります。

 

総量規制についての詳細

 

総量規制対応カードローンは以下よりお探し下さい。

 

総量規制対応!カードローン診断ナビ

総量規制についての詳細関連ページ

借り入れの際に気になる総量規制とは?
総量規制の導入によって、借入額に規制がかかることになり、消費者金融などの利用者に大きな衝撃が走りました。

管理人厳選カードローン


 
ホーム おまとめ一本化 銀行カードローン パート・アルバイト 総量規制対応 お急ぎの方 低金利で選ぶ