借入目的とカードローンの選択

借入目的とカードローンの選択

カードローンで大口の融資を希望する場合、「ハードルの高い審査を通過しなければならない」「添付書類をきちんと用意しなければならない」「審査が終わるまでに、ある程度の時間がかかる」ということを覚悟しなければなりません。

 

逆に、スピード審査が受けられ、利用申し込みも簡単に済むタイプのカードローンの場合には、少額の融資しか受けられず、金利が高めというケースが多いものです。

 

前者の場合は銀行カードローンに申し込みをするのが普通であり、後者であれば消費者金融とういのが一般的です。

 

どちらがいいとか悪いとかではなく、目的によってそれぞれのメリットデメリットを考えて借入先を決めることが大切です。

 

カードローンを利用する際に「ご自身が、どのくらい借り入れをしたいのか?」「どのタイミングで資金が必要なのか?」ということをまず考えてみましょう。

 

20万円借り入れられればいいのか、100万円、200万円といった借り入れが必要になるのかといった部分できちんと計画性がないまま借り入れをすることは厳禁です。

 

金額が大きくなれば、それだけ利息も膨らみますので、「できれば低金利のところで借りたい」「低金利と言えば、銀行系カードローン」という風に、自分自身に合わせて選択肢を絞ることが大切です。

 

一方「今は20万円で大丈夫だが、できれば低金利で借りたい」という場合には、利用限度額を高めに設定してもらうことが必要になります。

 

なぜなら、カードローンの金利というのは、借入限度額が高くなればなるほど低金利になるからです。

 

また、「20万円を、今日明日にでも用意したい」という場合には、逆に銀行系カードローンは審査に時間がかかるので向きません。

 

その場合は即日融資を受けられる消費者金融系カードローンの利用をお勧めします。

 

多少金利は高くなりますが、融資の早さ優先であれば、消費者金融系カードローンが選ぶべき選択肢ということになります。

 

また、消費者金融を選ぶときは、プロミスなどの大手を選ぶことをお勧めします。

 

プロミスのお申し込みはこちら

 

借入目的とカードローンの選択関連ページ

申し込み時の注意事項
借り入れのの申し込みをする際に注意しなければならないことがあります。ちょっとしたミスや勘違いで審査に落ちないようにしましょう。
申し込みと必要書類
借り入れの申し込みの際にはどのような書類が必要になるのでしょうか?
初めてカードローンを利用の方へ
初めてカードローンを利用するにあたっては、わからないことや不安なことがたくさんあると思います。そういった方のためのお役立ち情報です。
複数の金融会社を利用の人へ
複数の会社から借り入れをしている人もいると思いますが、新たな借り入れをする際にどのような点に注意すべきでしょうか?
カードローンの返済
カードローンを利用するということは、すなわちお金を借りるということですから、しっかりと計画的に返済をしなければなりません。
改正貸金業法とは?
平成22年6月に施行された改正貸金業法ですが、具体的にはどこがどのように改正されたのでしょうか?詳しく解説してみたいと思います。
借金の総量規制とは?
平成22年6月に完全施行された改正貸金業法の目玉ともいえるものが総量規制です。それはどんな決まりなのでしょうか?
総量規制の除外と例外
改正貸金業法の総量規制により、借入総額が年収の3分の1以下に制限されましたが、実は、総量規制の対象外の商品があります。
カードローン以外の借入について
カードローンだけが借入ではありません。他の借入手段もいろいろと検討して見るべきですが、その際にどういった点に注意すべでしょうか?
過払い金の請求について
かつて利息制限法を超えた、いわゆるグレーゾーンでの借入をしていた人が対象となるのが過払い金の請求です。

管理人厳選カードローン


 
ホーム おまとめ一本化 銀行カードローン パート・アルバイト 総量規制対応 お急ぎの方 低金利で選ぶ