初めてカードローンを利用の方へ

初めてカードローンを利用の方へ

「今までカードローンを利用したことがない」という人は、他店ですでに借り入れしている方にくらべると審査の上では有利ですので、できるだけ「良い条件」で借りられるカードローンを選びましょう。

 

銀行、信販会社、消費者金融の中では銀行系カードローンが低金利で、融資限度枠が広くなる傾向にあります。

 

ただ銀行系カードローンの審査が厳しいと感じる場合には、信販会社のカードローンの、できるだけ利用限度額の多いもので、低金利で利用できるものを探すというのも良い方法です。

 

銀行系、信販会社系のカードローンは「融資限度枠が広くなれば、低額の貸付を受けた場合でも、大口の貸付を受けたのと同じ、低金利が適用される」というメリットがあります。

 

しかし、銀行系は審査に時間がかかることが多いので、時間的な余裕を持って申し込みをしましょう。

 

「三菱東京UFJカード」「楽天銀行スーパーローン」「住信SBIネット銀行ネットローン」などの銀行カードローンは、総量規制の対象外です。

 

ちなみに、総量規制というのは、トータルで年収の3分の1以上の借入が出来ないという法規制になります。

 

唯一、銀行カードローンがこの規制の対象外ということになります。

 

また総量規制の対象とはなりますが「オリックスVIPローンカード」「アコム」「モビット」などの信販会社系や消費者金融系カードローンを利用した場合でも、他社からの借り入れがなければ、意外に有利な条件でカードローンが利用できることがあります。

 

審査に要する時間も「最短で30分」など、短時間で済むことが多いです。

 

そして、早ければ申し込んだその日のうちにお金を借りることが出来ます。

 

即日融資対応のカードローンで探してみてください。

 

派遣社員やパート、アルバイトの方でも、定期収入があれば利用が可能なところもありますので、収入の少ない方はそういったところを探してみてください。
万が一、利用審査に通らなかった場合でも、やみくもに利用申し込みを繰り返すのはやめておきましょう。

 

申し込みブラック扱いになると、他社のカードローンも利用しづらくなります。

初めてカードローンを利用の方へ関連ページ

申し込み時の注意事項
借り入れのの申し込みをする際に注意しなければならないことがあります。ちょっとしたミスや勘違いで審査に落ちないようにしましょう。
申し込みと必要書類
借り入れの申し込みの際にはどのような書類が必要になるのでしょうか?
借入目的別商品の選び方
どのような理由で借入をするかによって、それに見合った商品を選択する必要があります。
複数の金融会社を利用の人へ
複数の会社から借り入れをしている人もいると思いますが、新たな借り入れをする際にどのような点に注意すべきでしょうか?
カードローンの返済
カードローンを利用するということは、すなわちお金を借りるということですから、しっかりと計画的に返済をしなければなりません。
改正貸金業法とは?
平成22年6月に施行された改正貸金業法ですが、具体的にはどこがどのように改正されたのでしょうか?詳しく解説してみたいと思います。
借金の総量規制とは?
平成22年6月に完全施行された改正貸金業法の目玉ともいえるものが総量規制です。それはどんな決まりなのでしょうか?
総量規制の除外と例外
改正貸金業法の総量規制により、借入総額が年収の3分の1以下に制限されましたが、実は、総量規制の対象外の商品があります。
カードローン以外の借入について
カードローンだけが借入ではありません。他の借入手段もいろいろと検討して見るべきですが、その際にどういった点に注意すべでしょうか?
過払い金の請求について
かつて利息制限法を超えた、いわゆるグレーゾーンでの借入をしていた人が対象となるのが過払い金の請求です。

管理人厳選カードローン


 
ホーム おまとめ一本化 銀行カードローン パート・アルバイト 総量規制対応 お急ぎの方 低金利で選ぶ