複数のカードローンを利用の方へ

複数のカードローンを利用の方へ

改正貸金業法の実施により、貸金業者から、年収の3分の1を超える貸付を受けることはできなくなりました。

 

複数のカードローンを利用している場合「借り入れの合計額」を一度計算してみましょう。

 

また、貸金業者に50万円を超える融資を申し込んだ場合や、他社からの融資額と合わせて100万円を超える融資を申し込んだ場合には収入証明書の提出を求められますので注意が必要です。

 

できれば、借入件数も極力おさえるほうが得策です。

 

といいますのは、「借入件数が多い=信用がなくて、利用限度額を大きくしてもらえず、結果的に複数の会社を利用しているのかもしれない」と利用審査の段階で警戒されてしまうからです。

 

利用申込書に、虚偽の事実を書いたり、借り入れをしている事実を書かなかったりしても、個人信用情報をチェックされれば、全てわかってしまいます。

 

そのため複数の借り入れを予定している方は、「借入件数は出来るだけおさえるほうが良い」「どうしても借り入れをする場合には、借り入れ状況をきちんと告げる」「必要な場合には収入証明書を添付する」といった点に注意をするといいでしょう。

 

ただし、銀行系カードローンは総量規制の対象ではありませんので、他社からの借り入れがあっても、銀行からの借り入れならできる場合があります。

 

もちろん、銀行系の審査は厳しいですし、審査に時間もかかりますので、それなりの覚悟をして申し込む必要はあるでしょう。

 

もし審査が通るようであれば、総量規制対象外の銀行カードローンを使って、債務を一本化するといいでしょう。

 

低金利の商品に一本化することで、トータルの利息が少なくなりますし、返済先も1か所だけになりますので管理がとても楽になります。

 

銀行カードローンの中では、楽天銀行スーパーローンや、住信SBIネット銀行ネットローン、じぶん銀行カードローンは、審査が早い傾向にありますし、ネット上で手続きできるというメリットがあります。

複数のカードローンを利用の方へ関連ページ

申し込み時の注意事項
借り入れのの申し込みをする際に注意しなければならないことがあります。ちょっとしたミスや勘違いで審査に落ちないようにしましょう。
申し込みと必要書類
借り入れの申し込みの際にはどのような書類が必要になるのでしょうか?
借入目的別商品の選び方
どのような理由で借入をするかによって、それに見合った商品を選択する必要があります。
初めてカードローンを利用の方へ
初めてカードローンを利用するにあたっては、わからないことや不安なことがたくさんあると思います。そういった方のためのお役立ち情報です。
カードローンの返済
カードローンを利用するということは、すなわちお金を借りるということですから、しっかりと計画的に返済をしなければなりません。
改正貸金業法とは?
平成22年6月に施行された改正貸金業法ですが、具体的にはどこがどのように改正されたのでしょうか?詳しく解説してみたいと思います。
借金の総量規制とは?
平成22年6月に完全施行された改正貸金業法の目玉ともいえるものが総量規制です。それはどんな決まりなのでしょうか?
総量規制の除外と例外
改正貸金業法の総量規制により、借入総額が年収の3分の1以下に制限されましたが、実は、総量規制の対象外の商品があります。
カードローン以外の借入について
カードローンだけが借入ではありません。他の借入手段もいろいろと検討して見るべきですが、その際にどういった点に注意すべでしょうか?
過払い金の請求について
かつて利息制限法を超えた、いわゆるグレーゾーンでの借入をしていた人が対象となるのが過払い金の請求です。

管理人厳選カードローン


 
ホーム おまとめ一本化 銀行カードローン パート・アルバイト 総量規制対応 お急ぎの方 低金利で選ぶ