カードローンの返済

カードローンの返済

カードローンの返済方法は、銀行系の場合は「ATMを利用して返済、銀行振り込みによる返済、口座振替による返済」などが選べるケースが多いです。

 

また、信販系や消費者金融系のカードローンは「提携ATMを利用しての返済、銀行振り込みによる返済、自動引落による返済、コンビニでの返済」などの中から、都合の良い方法で返済できることが多いです。

 

中には「返済日近くになると、メールで知らせてくれるサービス」を利用できる金融機関もあります。

 

カードローンの借入は、可能であれば早めに完済すべきです。

 

時間の経過と共に利息がかさんでいくため、資金に余裕ができ時点で随時返済や繰上返済を行うようにすると、利息を節約することが出来ます。

 

無利息期間のあるカードローン(新生銀行カードローン・レイクなど)は、無利息期間を過ぎると、他の金融機関より少し高めの利息がついてしまうことがあります。

 

また「無利息だから」と気軽に借りてしまうと、返済のし忘れにつながりますので、その点は注意が必要です。

 

とはいえ、無利息というのは非常に魅力的ですので、短期で返済の予定であれば利用してみるといいでしょう。

 

なんらかの理由で返済が遅れるときには「黙って延滞しない」「他の金融機関からとりあえず借りて、返済日をやり過ごす」ということだけは、しないようにしましょう。

 

そういったことを何度も繰り返していると、個人信用情報に記録が残ってしまい、他の金融機関も含めて新たな借入が難しくなってしまう可能性があります。

 

まずカードローンを提供している会社に連絡すること。

 

1日〜数日の遅れなら、待ってくれるというケースもあるものです。

 

また、返済計画そのものを見直す必要がある場合にも、以前のように「脅される」「恫喝される」ということはありませんので、まずは誠意をもって連絡を入れるようにしましょう。

カードローンの返済関連ページ

申し込み時の注意事項
借り入れのの申し込みをする際に注意しなければならないことがあります。ちょっとしたミスや勘違いで審査に落ちないようにしましょう。
申し込みと必要書類
借り入れの申し込みの際にはどのような書類が必要になるのでしょうか?
借入目的別商品の選び方
どのような理由で借入をするかによって、それに見合った商品を選択する必要があります。
初めてカードローンを利用の方へ
初めてカードローンを利用するにあたっては、わからないことや不安なことがたくさんあると思います。そういった方のためのお役立ち情報です。
複数の金融会社を利用の人へ
複数の会社から借り入れをしている人もいると思いますが、新たな借り入れをする際にどのような点に注意すべきでしょうか?
改正貸金業法とは?
平成22年6月に施行された改正貸金業法ですが、具体的にはどこがどのように改正されたのでしょうか?詳しく解説してみたいと思います。
借金の総量規制とは?
平成22年6月に完全施行された改正貸金業法の目玉ともいえるものが総量規制です。それはどんな決まりなのでしょうか?
総量規制の除外と例外
改正貸金業法の総量規制により、借入総額が年収の3分の1以下に制限されましたが、実は、総量規制の対象外の商品があります。
カードローン以外の借入について
カードローンだけが借入ではありません。他の借入手段もいろいろと検討して見るべきですが、その際にどういった点に注意すべでしょうか?
過払い金の請求について
かつて利息制限法を超えた、いわゆるグレーゾーンでの借入をしていた人が対象となるのが過払い金の請求です。

管理人厳選カードローン


 
ホーム おまとめ一本化 銀行カードローン パート・アルバイト 総量規制対応 お急ぎの方 低金利で選ぶ