カードローンの基礎知識〜その2

カードローン以外の借入について

カードローンは「申し込みやすい」「手軽に利用しやすい」「即日融資が受けられる場合もある」とメリットが大きいです。

 

ただ、利息が高めだったり、利用限度額が限られたりするというデメリットもあります。

 

カードローンを利用する前に、メリットとデメリットをよく考えて、他の方法も検討するということも良い方法です。

 

たとえば教育費が必要なら教育ローンを、結婚式の費用が必要ならブライダルローンを、自動車を購入したいならカーローンを利用するほうが、金利が安くつくこともあります。

 

また、ご家族の急病やケガの場合には、社会福祉協議会に相談して公的な融資制度である「生活福祉資金」の貸付を受けるという方法もあります。

 

カードローンは便利なのですが、他の方法を一切検討しないでいると、かえって損をする場合もあるので、様々な選択肢の中から検討するようにしましょう。

 

とはいえ、友人から借りる、ということだけは決してしないほうがよいでしょう。

 

トラブルの元になるケースが非常に多いです。

 

よく言われることですが、友人にお金を貸す時はあげるつもりで貸さないとダメだということです。

 

最悪の場合は、お金と友達の両方を失うことになります。

 

それならむしろ、カードローンを利用するほうが無難です。

 

親や兄弟など、信頼できる間柄でなければ、基本的に個人間の金銭の貸し借りはしないほうが良いでしょう。

 

カードローン事業を行っている業者は、いわば「お金を貸して返してもらうことが仕事」なのですが、お金のことが原因で感情的なわだかまりが残るということは、基本的にありません。

 

ただし、カードローンは金利が高めだということを十分に認識し、可能な限り早めの返済を心掛けた方がいいでしょう。

カードローン以外の借入について関連ページ

申し込み時の注意事項
借り入れのの申し込みをする際に注意しなければならないことがあります。ちょっとしたミスや勘違いで審査に落ちないようにしましょう。
申し込みと必要書類
借り入れの申し込みの際にはどのような書類が必要になるのでしょうか?
借入目的別商品の選び方
どのような理由で借入をするかによって、それに見合った商品を選択する必要があります。
初めてカードローンを利用の方へ
初めてカードローンを利用するにあたっては、わからないことや不安なことがたくさんあると思います。そういった方のためのお役立ち情報です。
複数の金融会社を利用の人へ
複数の会社から借り入れをしている人もいると思いますが、新たな借り入れをする際にどのような点に注意すべきでしょうか?
カードローンの返済
カードローンを利用するということは、すなわちお金を借りるということですから、しっかりと計画的に返済をしなければなりません。
改正貸金業法とは?
平成22年6月に施行された改正貸金業法ですが、具体的にはどこがどのように改正されたのでしょうか?詳しく解説してみたいと思います。
借金の総量規制とは?
平成22年6月に完全施行された改正貸金業法の目玉ともいえるものが総量規制です。それはどんな決まりなのでしょうか?
総量規制の除外と例外
改正貸金業法の総量規制により、借入総額が年収の3分の1以下に制限されましたが、実は、総量規制の対象外の商品があります。
過払い金の請求について
かつて利息制限法を超えた、いわゆるグレーゾーンでの借入をしていた人が対象となるのが過払い金の請求です。

管理人厳選カードローン


 
ホーム おまとめ一本化 銀行カードローン パート・アルバイト 総量規制対応 お急ぎの方 低金利で選ぶ