カードローンで大口の借り入れをするには

カードローンで大口の借り入れをするには

カードローンを利用するとき、どのくらいの大口まで融資をしてもらえるのか気になる方もいると思います。

 

基本的に信販系や消費者金融系のカードローンでは総量規制の対象となるため、契約者の収入の3分の1までしか借り入れはできません。

 

大口での借入が必要な場合には必然的に銀行系カードローンを利用することになります。

 

銀行系のカードローンのほとんどでは、融資限度額は最高500万円程度となっています。

 

ただしこれはあくまで審査内容が最高基準であった場合であって、誰でもすぐに500万円を借り入れることができるわけではありません。

 

またカードローンの場合、100万円を超える金額を借り入れる場合には、事前に収入証明書など書類を提出する必要があり、審査の基準も厳しめになります。

 

銀行からの借り入れは総量規制の対象ではありませんが、やはりその方の年収等を考慮して返済可能かどうかを判断して限度額が決定されることになります。

 

カードローンの審査が無事に通れば、大口の場合金利がかなり低くなりますので、お得にカードローンを利用することができます。

 

借り入れ金額が大きくなるほど利率が低めに設定されるからです。

 

大口のローンの借り入れを申し込んで断られたという場合であっても、あきらめることはありません。

 

最初の借り入れの申し込みの時点では主にその方の収入が判断の基準となりますが、その後の利用できちんと返済をして実績を積むことによって信用が上がっていくので、借り入れできる金額も大きくなっていきます。

 

総量規制に対応のカードローンは以下より見つけることが出来ます。

 

総量規制対応!カードローン診断ナビ

カードローンで大口の借り入れをするには関連ページ

大口融資可のカードローン
大口融資のカードローンを選ぶ際にはどんな点に注意をすればいいのでしょうか?大口融資可のカードローンの種類や選択するコツを解説いたします。

管理人厳選カードローン


 
ホーム おまとめ一本化 銀行カードローン パート・アルバイト 総量規制対応 お急ぎの方 低金利で選ぶ